All Stories

すてきなのニューヨーク博物館 !

発信時間 : 2018年09月04日07時42分          火曜日 —終わり—

「雷鳴の轟く水」のナイアガラの滝とニューヨークの「セントラル・パーク」

発信時間 : 2018年09月02日12時20分          日曜日 —終わり—

マンハッタン区 ! ニューヨーク市 ! 眠れないの都市 !

発信時間 : 2018年08月26日15時34分          日曜日 マンハッタン区 ! ニューヨーク市 ! 眠れないの都市 ...

いよいよ, ニューヨーク市に到着した ! お久しぶりの「ビッグ・アップル」 !

発信時間 : 2018年08月20日13時54分          月曜日 娘さんがアメリカへの留学の日程, アメリカ現地時間, ...

小田原評定 ! 時間無駄の米朝首脳会談….ワハハハ !

発信時間 : 2018年08月10日14時48分          金曜日 挑発再開か?北朝鮮が軍事パレードの準備 韓国・聯合ニュース報じる  北朝鮮が建国70周年(9月9日)に合わせて、軍事パレードの準備を進めていると、韓国・聯合ニュースが9日、報じた。北朝鮮外務省は同日、ドナルド・トランプ米政権を批判する報道官談話を発表した。米国や世界を再び挑発するつもりなのか。 聯合ニュースによると、平壌(ピョンヤン)郊外の美林(ミリム)飛行場で1万人規模の兵士が装備とともに確認されており、軍当局は「閲兵式の準備」と判断した。  また、北朝鮮外務省は9日、トランプ政権が過去の路線を踏襲するなら、非核化を含む米朝首脳会談の合意履行に「いかなる期待もできない」と警告する報道官談話を発表した。  ジョン・ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は7日、FOXニュースの番組で、「北朝鮮は非核化に向けた必要な措置を取っていない」「真に必要なのは言辞ではなく行動だ」と指摘していた。 —終わり—

イランと北朝鮮連携….アメリカへの攻撃 ! すごいじゃ! 拍手 ! 拍手 !

発信時間 : 2018年08月09日19時24分          木曜日 イランと北朝鮮 対米共闘の関係強化で意気投合  イランのロウハニ大統領はアメリカからの圧力が強まるなか、北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相と会談し、北朝鮮との関係を強化していく考えを強調しました。  会談は8日に首都テヘランで行われ、ロウハニ大統領は、アメリカが核合意を離脱してイランへの経済制裁を再発動したことについて「アメリカはここ数年の振る舞いで国際社会から信用されない国になっている」と批判しました。 そのうえで、「こうした環境のなかで友好国は協力を加速させるべきだ」と北朝鮮との関係を強化していく考えを伝えました。 北朝鮮の非核化に向けた交渉を巡って、アメリカのポンペオ国務長官が北朝鮮に半年ほどで6割から7割の核兵器を放棄するよう求めていたとアメリカのメディアが報じました。 ポンペオ長官はこの2カ月の間に複数回、伝えていて、北朝鮮は毎回、拒否して度重なる要求に不快感を示したということです。 これに対して李外相は「アメリカの行動は国際的な規則に違反するもので間違っている」と同調しました。両国への圧力を強めるアメリカへの共闘路線をアピールする狙いがあるとみられます。 —終わり—

厚顔無恥, 正真正銘「ならず者国」の北朝鮮…..さすがね ! 脱帽 ! 脱帽 !

発信時間 : 2018年08月07日13時56分          火曜日 北朝鮮メディア 日朝首脳会談に否定的な見解示す  安倍総理大臣が6日に日朝首脳会談への意欲を示したことに対し、北朝鮮メディアは「敵視政策を維持して我々と対座できると思うのか」と会談に否定的な見解を示しました。 ...

すごい ! 北朝鮮新たなの大陸間弾道ミサイル, 米本土に到達することができます ! 拍手 ! 拍手 !

発信時間 : 2018年07月31日18時22分          火曜日 北朝鮮、新たなICBM製造か 米紙が「兆候」伝える 北朝鮮が、米朝首脳会談のあとも、新たなICBM(大陸間弾道ミサイル)の製造を続けている可能性があると、アメリカメディアが伝えた。 これは、ワシントン・ポスト紙が、情報当局者の話として報じたもので、北朝鮮が、ここ最近も平壌(ピョンヤン)郊外の工場で、アメリカ本土に到達し得る新たなICBMを1基、または2基製造している兆候があるとしている。 7月7日の工場周辺の衛星写真では、運搬に使われる可能性がある車両も確認できるとしている。 これが事実なら、米朝首脳会談のあとも、ICBMの製造が続いていることになる。 ポンペオ国務長官は先週、北朝鮮が核物質の生産を続けていると指摘していたことから、北朝鮮の非核化の意思に懐疑的な見方は、いっそう強まる見通し。 北朝鮮がICBM(大陸間弾道ミサイル)の製造を続けている兆候を偵察衛星が捉えたとアメリカのメディアが報じました。  ワシントン・ポストは30日にアメリカの情報機関関係者の話として、北朝鮮が平壌郊外にあるミサイル工場で液体燃料型のICBMを製造している動きがあると報じました。 記事では、この数週間にアメリカの偵察衛星が捉えたミサイル工場の写真が掲載されているほか、アメリカ本土を射程に収める「火星15」の製造を続けていると指摘しています。 ただ、今回の動きはミサイルの増産ではなく、改良のためだということです。 米朝首脳会談以降、非核化に向けた交渉が停滞するなか、先週にはポンペオ国務長官が北朝鮮は「核物質の生産を続けている」と証言しています。 —終わり—

狙いのは…..北朝鮮の「イノシシ将軍」!!!!

発信時間 : 2018年07月28日20時06分          土曜日 米軍の核搭載型爆撃機と共同訓練 空自、北朝鮮への警戒態勢堅持 航空自衛隊は28日、F15戦闘機6機が27日に核搭載可能な米空軍のB52戦略爆撃機2機と日本海上空で共同訓練したと明らかにした。 空自がB52との訓練を公表するのは初。政府関係者によると、B52に核は搭載していない。米朝による対話が続く一方、北朝鮮への警戒態勢を堅持する狙いがあるとみられる。  空自によると、グアムから飛来したB52と石川県の小松基地所属のF15が日本海上空で編隊訓練などを実施。日米共同での対処能力や戦術技量の向上を図った。  核弾頭を搭載できるB52は大型で長距離の飛行が可能。空自との訓練実施は昨年11月に初めて明らかになり、今年1月にも行ったことが確認された。政府関係者は、いずれも核の搭載はなかったとしている。 艦対空ミサイルで標的撃墜、救援でも主役 護衛艦「いせ」が「リムパック2018」で活躍 6月27日から8月2日まで、ハワイ・オアフ島や周辺海域で、環太平洋合同演習「リムパック2018」が行われている。 日米を含む25カ国が参加し、世界最大規模の演習にふさわしく、連日熱い訓練が洋上で繰り広げられている。 2018年6月27日から同8月2日まで、米海軍が主催する多国間共同訓練”リムパック(RIMPAC=Rim ...

全世界も金豚政権下の北朝鮮の全面的なの破壊を心から待っている…..攻撃っ !!!!!!

発信時間 : 2018年07月25日16時46分          水曜日 「ミサイル発射場」解体に着手…北の魂胆は? 「非核化偽装」「時間稼ぎ」の疑い捨てられず ドナルド・トランプ米政権と、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)政権による駆け引きなのか-。北朝鮮が、北西部・東倉里(トンチャンリ)にある弾道ミサイル施設の解体に着手したと、米サイトが分析した。 正恩氏は6月の米朝首脳会談で、ミサイルエンジン実験場の解体を約束したとされる。だが、北朝鮮は1カ月以上も「非核化」に向けた具体的行動を見せず….. 米軍関係者の間では懐疑的な見方が強まっていた。過去の例からすれば、今回の解体の動きも「非核化偽装」「時間稼ぎ」の疑いは捨てきれない。徹底的な監視が必要だ。 《北朝鮮が西海(ソヘ)衛星発射場の主要施設の解体を開始》  米北朝鮮分析サイト「38ノース」は23日、こんな見出しの分析を明らかにした。  同発射場は、弾道ミサイル用のエンジン開発などに使われてきた。サイトによると、ミサイルの組み立てに使う施設などが解体されている様子が見受けられるという。  シンガポールでの米朝首脳会談(6月12日)後の記者会見で、トランプ氏は「正恩氏はすでに、主要なミサイルエンジンの試験場を解体していると教えてくれた。 これは合意文書に含まれていないが、私たちが合意したことだ」と明らかにしていた。  北朝鮮はその後、現在に至るまで「非核化」に向けた具体的な動きをまったく見せていない。 ポンペオ国務長官「北は核分裂性物質を生産」 米朝、再び緊張関係に転じるか ドナルド・トランプ米政権の我慢が限界に達しつつある。北朝鮮との「非核化」交渉に進展がみられないなか、マイク・ポンペオ国務長官は、北朝鮮が「核分裂性物質の生産」を続けているとの認識を示したのだ。 トランプ政権内にも不満が鬱積しているようで、米紙ワシントン・ポストは22日付で、トランプ氏が北朝鮮との非核化交渉が進展していないことに対し、補佐官らにいらだちを見せ始めていると報じた。  これに対し、トランプ氏は23日、次のようにツイートした。 「北朝鮮によるロケットは9カ月間、打ち上げられていない。核実験も同様だ。日本はハッピーだ。アジアのすべての国がハッピーだ。だが、フェイクニュースは、私に尋ねることもしないで『私が怒っている』と伝えている。間違いだ、とてもハッピーだ!」  楽観的な発信だが、米軍関係者は北朝鮮への不信感を強めている。  在韓米軍のビンセント・ブルックス司令官は21日、米西部コロラド州での安全保障関連の会合でテレビ電話を通じて講演し、米朝間の「根本的な信頼の欠如」が核交渉の前進を困難にしているとの認識を明らかにした。  さらに、ブルックス氏は「(制裁)圧力を維持し、外交努力を続ける一方、信頼を構築していくことが最も重要だ」と強調し、北朝鮮の核兵器製造能力は「今も損なわれていない」と訴えた。 実際、北朝鮮を牽制(けんせい)するような米軍の動きも報じられている。  韓国・中央日報(日本語版)は17日、米海軍のエセックス揚陸準備団と海兵隊の第13遠征隊が10日(米国時間)に、米カリフォルニア州サンディエゴを出港したと報じた。 目的地は朝鮮半島を含む西太平洋で、揚陸準備団には、北朝鮮最高指導部に対する「斬首能力」を持つ強襲揚陸艦が含まれているという。 トランプ氏、非核化「急がない」発言の真意は? 正恩氏「斬首部隊」出航の報道も  こうした米軍の姿勢などが、北朝鮮をおびえさせ、ミサイル発射場の「解体開始」という動きに走らせた可能性もありそうだ。  国際政治学者の藤井厳喜氏は「北朝鮮が『(非核化を)行動で示さないとヤバイぞ』と思って、現実的なところを見せた可能性はある。これが単なるジェスチャーなのか、実質的に意味があることなのかは現時点では不明だ」と指摘する。  トランプ政権は、北朝鮮の本気度をどう判断するのか。  藤井氏は「今年中に米国側の査察が北朝鮮に入って、非核化に向けたプロセスが始まることにならないと、本格的とはいえないだろう。瀬取りなどで経済制裁が緩んできているため、北朝鮮が本格的に動かなければ、トランプ政権としては次の段階の行動として、海上封鎖を考えているのではないか」と話した。 —終わり—
© 2018 Sakura Jade House. All rights reserved