米監禁女性保護事件 監禁の女性3人がビデオメッセージ公開

発信時間:2013年07月10日23時00分 水曜日

アメリカでおよそ10年間監禁されていた女性3人が、ビデオメッセージを公開した。

アマンダ・ベリーさ-ジーナ・デヘスース-ミシェル・ナイト

アマンダ・ベリーさんは「プライバシーが守られる生活で、わたしは日に日に強くなっています」と語った。
また、ジーナ・デヘスースさんは「支えてくれてありがとうございます」と話した。
そして、ミシェル・ナイトさんは「わたしは地獄から戻ってきましたが、地獄でも笑顔で過ごせる強さがあります」と話した。
オハイオ州で、元スクールバスの運転手、アリエル・カストロ被告に、およそ10年間監禁されていた被害女性の3人が、9日、ビデオメッセージを公開した。

5月8日、米オハイオ州クリーブランドの民家で約10年前に行方不明になっていた女性3人が保護された事件で、捜査当局は誘拐と強姦の疑いでアリエル・カストロ容疑者を訴追した。写真は現場を調べる捜査員ら。7日撮影(2013年 ロイター/John Gress)

助け出されてから、およそ2カ月がたち、3人は、新たな人生のチャンスを得たことへの感謝の気持ちや、前向きな意気込みを語っている。
カストロ被告は、監禁や性的暴行など、あわせて329の罪に問われている。

米監禁男に死刑求刑へ 強姦のうえ死産させ

アリエル・カストロ容疑者

米オハイオ州クリーブランドで女性3人が約10年にわたり監禁されていた事件で、米検察当局は9日、元スクールバス運転手アリエル・カストロ容疑者(52)に対し、監禁した女性を死産させたとして死刑を求刑する方針であることを明らかにした。
同日、カストロ容疑者は予備審理のため初出廷。カストロ容疑者は、3女性への強姦と、そのうち1人が出産した女児の計4人に対する監禁の罪で訴追されているが、地元の検察官は報道陣に対し「殺人罪での訴追を目指す。死刑求刑を考慮したものだ」と語った。同州は死刑が実施されており、誘拐に伴う殺人には死刑が科される。
地元警察当局の調べなどによると、カストロ容疑者は被害者の1人、ミシェル・ナイトさん(32)を繰り返し強姦、5回妊娠させた。だが、ナイトさんの腹部を蹴ったり食事を与えなかったりの虐待を加え、いずれも死産させていた。検察官はこの死産を対象に、加重殺人罪として訴追する準備を進めているという。
審理ではカストロ容疑者に800万ドル(8億円)の保釈金が課せられたが、そのまま勾留された。

民家に監禁されていた女性3人

ジーナ・デヘスースさん

3人は、2002年から2004年にかけて元スクールバスの運転手のアリエル・カストロ被告に誘拐され、今年5月に救出されるまでおよそ10年に渡り監禁されていました。これまで、文書での短い声明を出したことはありましたが、映像が公開されるのは今回が初めてです。
ナイトさんの代理人によりますと、これは、クリーブランドや世界中の人からの支援にお礼が言いたいという3人のたっての希望で、収録されたものだと言うことです。監禁中、被告に強く殴られたことで、顔面の再建手術が必要だったと伝えられたナイトさんは、最後に笑顔で回復への強い意志を語っています。

アマンダ・ベリーさん

支援や寄付金に対する感謝の言葉が大部分を占めているこの映像で、3人がカストロ被告に言及することはありませんでした。誘拐罪や強姦罪など合わせて329の罪に問われているカストロ被告は無罪を主張していて、来月5日には裁判の陪審員選びが始まる予定です。

———-終わり———-

Share This Post

Recent Articles

Leave a Reply

© 2018 Sakura Jade House. All rights reserved