韓国経済破綻の始まり….じゃ安らかにお眠ってください….アーメン !

発信時間 : 2019年03月31日15時44分   日曜日 韓国・文大統領、日本企業に“泣きつき” 「経済交流は政治とは別」外資系企業に投資を要請… 松木國俊氏「徴用工問題で投資環境は劣悪」 韓国の文在寅大統領が、悪あがきを始めた。日本を含む外資系企業の経営者との懇談会を開き、韓国への投資を要請したのだ。 いわゆる「元徴用工」をめぐる異常判決などを受け、韓国では日本企業の資産を差し押さえる動きが進んでいる。外国企業としては、韓国に進出しても国際ルールを無視して資産が強奪される恐れがあり、投資先としては「極めて危険」といえる。 文氏の浅知恵とは逆に、韓国脱出を真剣に検討している外国企業もあるという。韓国経済は破滅へ一直線に進んでいるようだ。 「経済交流は政治とは別に見なければならない。経済交流が活発化することを願う ...

ワシントン D.C の桜は来⽉初めに満開になると予想されています !!!

発信時間 : 2019年03月30日15時40分   土曜日 ⽇⽶友好のシンボル ワシントン D.Cでもサクラが⾒ごろ ...

韓国いたるところに, 年間「365日」も反日デモが行われの「友好的な投資環境」と「魅力的な市場」, いひひひ !

発信時間 : 2019年03月29日11時36分   金曜日 昨日, 3月28日, 日本企業など外資系に対し文大統領「韓国は魅力的な市場 ...

「桜の原産地=韓国」….うわぁ ! いい加減にしろっ !!!

発信時間 : 2019年03月28日13時02分   木曜日 なぜ韓国では「桜の原産地=韓国」説にこだわり続けるのか  各地で桜の開花が確認され、春本番を迎えている。桜の木の下で飲食などを楽しむ「花見」は日本独特の文化・風習だが、実は日本統治時代を通じて韓国にも、花見の風習が根付いている。 ところが近年、韓国では桜も花見の風習も「韓国オリジナル」という主張が盛んに繰り返されている。なぜか? 韓国人のノンフィクション・ライター崔碩栄氏が解説する。  桜の時期になると毎年繰り返して話題に上がるのが、日本と韓国の間の「原産地」論争だ。そうはいっても日本側での反応は薄い。 韓国側だけが、「韓国=原産地」説に物凄く執着するのだ。韓国のこの執着はどこから生まれたのだろうか?  実は、桜の原産地が韓国だという主張は1950年代にも存在した。しかし、一部の主張にとどまり、大部分の韓国人にとって桜は日本の花であり、日本を象徴する花だと考えられていた。 それは、終戦直後に日本統治から解放された韓国のあちらこちらで、韓国人の手によって桜の木が伐採されたことが何よりもはっきりと証明している。「桜=日本のもの」という認識があったからこそ、日本に対する反感を桜に向け、怒りをぶつけたのだ。  また、戦後にも「花見」に出かける韓国人たちの姿を見咎めて、問題提起をするような新聞記事が1990年代までは何度も書かれている。日本文化である花見を楽しむ姿は目に余るという理由だ。  終戦直後の韓国には、花見を楽しみたいという素朴な気持ちすら罪悪視されるほどに強烈な反日感情が充満していた。 美しいものを見ても「敵の文化と象徴を愛でてはならない」とされ、美しいと感じる感情は悪であると教え込まれた。だが、韓国人の本能を抑え続けることはできなかった。 春になると人々は桜を見に出かけ、桜が有名な地域には全国から観光客が殺到した。このような風潮に対して、「韓国の花もいろいろあるのに何で日本の花?」、「日本文化の真似だ」といった懸念の声があがったことは言うまでもない。  これに対し、これらの懸念をきれいに払拭してくれる主張が登場したのだ。それこそが「桜の原産地は韓国である」という主張だ。 つまり、日本の象徴であり、日本の花だとして知られていた花は実は韓国原産である、という主張は、桜を愛する韓国人たちを罪悪感から救ってくれたのだ。 ◆花見は韓国伝統文化にあらず  桜の原産地が厳密に言うとどこであるのかという問題については、専門家ではないので判断することは控える。だが、確実に言えるのは、韓国に樹齢何百年といった桜の老木があったとしても、桜を愛でて楽しみ、あるいは生活の中に利用するような文化や情緒はなかったという事実だ。これについては、韓国内での名コラムとして知られている朝鮮日報の「李圭泰コーナー」でも指摘されている。 〈済州島や南海の島で数百年になる桜の古木が発見され、原産地が韓国であるという説が有力視されているが、そうであれば(韓国において)古くから誰も目にしたことがない花というわけではないはずなのに、我々の先祖たちが残したものの中から桜を素材にした詩の一首、物語の一場面をみつけだすことができないということは、ないがしろにされてきた花だったようだ〉(朝鮮日報 1985年4月21日)  韓国には桜が登場する古典文学や詩歌は知られておらず、伝統的な料理の中で桜を使ったものも、私の知る限りは存在しない。 古典文学や詩歌の中にも頻繁に登場し、餅や菓子などの材料として使われ、絵に描かれ、着物の柄として使われてきた日本との差は歴然としている。 もちろん、これが原産地論争の結論と直結するわけではないが、明らかなのは、桜が韓国に原生していたとしても、「ないがしろにされてきた花」に過ぎなかったということだ。…. ...

乞食国 : 『 謝罪せよっ!損害賠償をよこせっ ! $$$$ !』…..(^_^)〜♪

発信時間 : 2019年03月27日12時10分   水曜日 韓国の議員と市民団体が記者会見「米軍慰安婦問題で責任を果たせ!」, 今度は米軍慰安婦です….ワハハハ ...

トランプ-ちゃんと⾦-ちゃん, この二人の共通点….いずれも大嘘つきだった. ワハハハ !

発信時間 : 2019年03月24日12時24分   日曜日 中国・発表翌⽇に…トランプ⽒「北朝鮮制裁の撤回指⽰」 アメリカのトランプ⼤統領は、前⽇に発表したばかりの北朝鮮関連の制裁について、撤回するよう関係省庁に指⽰したと明らかにしました。 トランプ⼤統領は22⽇、ツイッターで「財務省が北朝鮮に対する⼤規模な追加制裁を発表したが、私は撤回を指⽰した ...

ベトナム国会議員が学⽣らに :『 これらの大虐殺を忘れるな !!!』

発信時間 : 2019年03月22日13時44分   金曜日 韓国製品に「殺し屋兵士ステッカー」義務化の動き   韓国製品に「 殺し屋兵士ステッカー」を貼る条例案が提出されました。 条例案はベトナム近郊の河內 ...

仲介役の韓国 ??? でもさ, 崔善姫外務次官 :『 韓国は⽶朝間の仲介者ではない !!! 』と突き放すような 姿勢を⾒せている…Oops !

発信時間 : 2019年03月21日15時34分   木曜日 対米交渉で追い込まれた北朝鮮 内部崩壊や暴発のリスク高まる… 日本にすり寄り拉致問題進展も  米朝首脳会談の決裂後、北朝鮮は非核化交渉の中断やミサイル発射実験凍結の再考を示唆した。北朝鮮のこうした戦略に展望はあるのか。  北朝鮮の国営ウェブサイトは14日、非核化に取り組む姿勢を強調するとともに、2月末のハノイでの米朝首脳会談の米国側の非核化要求は受け入れられないと主張、非核化に向けた段階的な措置に応じて制裁も一部解除すべきだと訴えた。  翌15日、ロシア国営タス通信によると、北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官は平壌(ピョンヤン)で記者会見し、やはり米側の非核化要求は受け入れられないと、米朝交渉の中断を警告した。北朝鮮では北西部、東倉里(トンチャンリ)でミサイル施設復旧の動きも表面化している。 東倉里は昨年9月に金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が廃棄を約束した施設だ。  ここで2月末の米朝首脳会談をおさらいしておこう。金委員長は、寧辺(ニョンビョン)の核施設の廃棄と引き換えに11件の国連制裁のうち5件の解除を求めたが、トランプ大統領はそれを拒否した。 と同時に、制裁の完全な解除に応じる代わりに全面的な非核化に取り組むよう求めたが、金委員長は応じなかった。  これは次のように解釈できる。(1)現状(ミサイル発射・核実験なし・制裁)(2)一部非核化・一部制裁解除(3)完全非核化・完全制裁解除-という3つの状態があるが、トランプ大統領は(3)、(1)、(2)の順番に好み、金委員長は(2)が最優先だったのだろう。となると、交渉結果は(1)になる。 この状態はトランプ大統領に有利だ。(1)は、ミサイル発射・核実験なしでありながら、経済制裁は継続しているので、このままでも時間がたてばたつほど北朝鮮は追い込まれていく。  この状況を打開するには、北朝鮮としては(1)を変えて、トランプ大統領に(1)より(2)のほうがいいと思わせる必要が出てくる。そこで非核化交渉の中断やミサイル発射実験凍結の再考を示唆したのだろう。  しかし、これは、2018年6月のシンガポール首脳会談の半年前、米国が軍事オプションを示唆していた17年末の時点に戻りかねない。これまでの流れとまったく逆方向なので、米朝の信頼関係が一気に崩れ、当時より状況は悪く一触即発の緊張関係が生まれる恐れもある。 さらに非核化への動きを引き戻すものなので、国連の経済制裁も現状より強化されることも不可避になるだろう。 北朝鮮による(1)現状の変更について、米国は、国連の経済制裁の再強化や軍事オプションをちらつかせるだろう。そうなると、北朝鮮内部の崩壊や暴発という恐ろしい展開になってくる可能性もありうる。  はたして、後ろ盾の中国や仲介役の韓国が….. 米国と北朝鮮に対してどう出てくるのだろうか。 北朝鮮は米国から圧力がかかると日本にすり寄ってくるので、日本へのアプローチもあり得る。非核化が膠着(こうちゃく)する中、拉致問題が進展する可能性もなくはない。…….(元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一) —終わり—

崔善姫外務次官:『 現在の強盗のような⽶国の姿勢は事態を間違いなく危険にさらす….』(*´◡`*) !

発信時間 : 2019年03月17日11時10分   日曜日 北朝鮮「⼤統領側近が交渉妨害 !」 ボルトン⽒は反発  北朝鮮の外務次官が15⽇に会⾒を開き、アメリカとの協議の中断を⽰唆してトランプ⼤統領の ...

ニューヨーク市マンハッタン区の新エリア「ハドソンヤード」! 2024年に完成するの予定 !

発信時間 : 2019年03月16日13時50分   土曜日 NYに新エリア「ハドソンヤード」オープン アメリカ・ニューヨークに新たな注⽬エリアが誕⽣した。 この都市再開発エリアはハドソン・ヤード ...
© 2019 Sakura Jade House. All rights reserved