アメリカの新しい駐日大使来日, 着任. 一方, めちゃくちゃ, 四面楚歌のウクライナ, 米大使館の家族退避… 傍若無人のロシア侵略軍と虎視眈々, 対岸の火事の共産中国解放軍。

発信時間 : 2022年01月24日09時50分     月曜日

アメリカの新しい駐日大使….ラーム・エマニュエル氏 , 羽田空港に到着
ようこそ !
いらっしゃいませ!ラーム・エマニュエルと妻のエイミー・ルール
バイデン大統領とラーム・エマニュエル氏
元オバマ大統領とラーム・エマニュエル氏

米 エマニュエル氏来日 駐日大使 2年半ぶりに着任。

アメリカの新しい駐日大使、ラーム・エマニュエル氏が23日、着任した。

オバマ政権時代には、首席補佐官を務めていた

アメリカの駐日大使であるエマニュエル氏は23日、羽田空港に到着し、着任した。エマニュエル氏は、2019年までシカゴ市長を8年務めたほか、オバマ政権時代には、首席補佐官を務めていた。

大使のポストは、これまで、およそ2年半にわたり不在となっていた。

めちゃくちゃ四面楚歌のウクライナ ! 傍若無人のロシア侵略軍と虎視眈々, 対岸の火事の共産中国解放軍

一方, 在ウクライナ 米大使館の家族 今週にも退避か。

軍事的な緊張が高まっている中、ウクライナにあるアメリカ大使館の館員の家族が、早ければ今週にも国外退避する可能性が出てきた。

ロシアは、ウクライナの国境周辺に大規模な軍の部隊を展開していて、アメリカ政府は、軍事侵攻がいつ起きてもおかしくないと警戒を強めている。

傍若無人のロシア侵略軍
傍若無人のロシア侵略軍
傍若無人のロシア侵略軍
傍若無人のロシア侵略軍

こうした中、複数のアメリカメディアは、国務省がウクライナにあるアメリカ大使館の館員の家族について、早ければ今週にも国外退避を始めるよう命じる方向で調整していると報じた。

これに対し、ブリンケン国務長官は、「必要だと判断すれば、安全上の必要性に基づいて退避を行う」と否定しなかった。

ブリンケン国務長官 :「 ワクチン供給、政治と分離を !」
ウクライナ駐在アメリカ大使代理のクリスティーナ・クヴィエン
ウクライナ内務大臣デニス・モナスティルスキーとクリスティーナ・クヴィエン
反ロシアのウクライナ軍
虎視眈々の共産中国解放軍

—終わり—

Share This Post

Recent Articles

Leave a Reply

© 2022 Sakura Jade House. All rights reserved