五輪マラソンコース付近でアイヌ舞踊…..韓国のIOC委員 新型コロナ陽性と判明 成田空港での入国検査で

発信時間 : 2021年07月18日12時32分     日曜日

国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長
パラリンピック組織委員会の森喜朗会長

東京オリンピックのため来日した、IOC(国際オリンピック委員会)の韓国の委員が、成田空港で受けた検査で、新型コロナウイルスに感染していることがわかった。

大会関係者によると、韓国のIOC委員で韓国卓球協会会長のユ・スンミン委員は、17日に来日し、成田空港で受けた検査で陽性が確認された。ユ委員は、韓国国内でワクチンを接種していて、出国する時に受けた検査でも陰性だったという。

韓国のIOC委員で韓国卓球協会会長のユ・スンミン委員
「ワクチン2回打ったのに」

大会に向けて入国したIOC委員で、陽性が確認されたのは初めて。また、新たに選手3人が陽性になったことが確認され、そのうち2人は選手村に滞在していた。


加藤官房長官

五輪マラソンコース付近でアイヌ舞踊 加藤官房長官発表

北海道を訪問した加藤官房長官は、アイヌ文化の普及を図るため、札幌市で行われるオリンピックのマラソンと競歩のコース付近で、アイヌ民族の伝統舞踊を実演すると発表した。

アイヌの伝統的な集落“コタン”の景観を再現した施設
アイヌの伝統的な集落“コタン”の景観を再現した施設

加藤官房長官「アイヌ舞踊は観客なしで行われるが、その映像は、テレビなどを通じ発信されるので、ぜひ皆さんにご覧いただきたい」.

加藤官房長官は、これに先立ち、白老町に2020年7月に開業したアイヌ文化施設「民族共生象徴空間 ウポポイ」を視察した。

アイヌ舞踊
アイヌ舞踊
アイヌ舞踊
アイヌ舞踊
「民族共生象徴空間 ウポポイ」
北海道白老郡白老町にある「民族共生象徴空間」ウポポイ(国立アイヌ民族博物館)

— 終わり—

Share This Post

Recent Articles

Leave a Reply

© 2021 Sakura Jade House. All rights reserved