「汚職大国」の「泥棒一号 」前首相のせいで, マレーシア現在の経済状況もとことんまで落ちました!

発信時間 : 2021年06月16日16時16分    水曜日

「東マレーシア サラワク州の農村部学校に電力を供給する」の汚職事件

マレーシアでね, もし君が政府の大きなプロジェクトを確保したいの場合に, それは君が「このプロジェクトに関連するの知識が何を知っているなのか」には全然関係ない, 関係ない !!! 最も重要なのはあなたはこの「幕府内」で「誰を知っているのか ?」, また, 高額の賄賂金を喜んで支払うのも必要です !

マレーシアの裁判所では現在, 非常に目を引くの訴訟がまだ続いています. これは「東マレーシア サラワク州の農村部学校に電力を供給する」の汚職事件 !

「デブ」( 左 ), 彼女の「代理」元教育大臣 ( 真ん中 ) と「泥棒一号 」の前首相 ( 右 )
法廷での「デブ」, ロスマ・マンソール
訴訟の内容 : 合計RM12億5000万のプロジェクト, 「手数料」としてRM1億8800万 !

合計RM12億5000万のプロジェクト, 前首相「泥棒一号 」の妻が「手数料」としてプロジェクト合計から15%を要求, およそRM1億8800万 !!! そればかりでなく, このプロジェクトの責任者の元教育大臣マハジル・カリードさんも15%を要求しましたが, 後RM6,000万で合意しました. 「デブ」妻のもうひとりの”代理”…彼女の甥もRM2,500万がほしがった !

元教育大臣マハジル・カリードさん「手数料」としてRM6,000万で合意しました.
元教育大臣 !!!
元教育大臣 !!!
元教育大臣マハジル・カリード… 今でも政府関連企業エネルギー国立局の会長
ロスマ・マンソールの甥リサール・マンソール, 「手数料」としてRM2,500万で合意しました.

このプロジェクトは, サラワク州の369軒の学校に発電機ディーゼルを供給し、その後それらをソーラーハイブリッドシステムにアップグレードすることを目的としていました.

2017年, ナジブ・ラザク「泥棒一号 」の前首相は, サラワク州の田舎の中心部にある369軒の学校にソーラーハイブリッドプロジェクトを実施するために, 太陽光発電の経験のない政治的につながりのある会社, レンタカー会社 …を任命するよう教育省に指示した.

サラワク州貧しい田舎での学校
サラワク州貧しい田舎での学校
サラワク州貧しい田舎
そこの生徒たちは学校に行くために川と山を渡らなければなりません
ソーラーハイブリッドシステム
ソーラーハイブリッドシステム
ソーラーハイブリッドシステム
法廷での「デブ」, ロスマ・マンソール
法廷での「デブ」, ロスマ・マンソール
法廷での元教育大臣マハジル・カリードさん
法廷での元教育大臣マハジル・カリードさん
法廷で「デブ」ロスマ・マンソールの甥リサール・マンソール
ロスマ・マンソールの甥リサール・マンソール
「汚職大国」の両夫妻

—–おわり—–

Share This Post

Recent Articles

Leave a Reply

© 2021 Sakura Jade House. All rights reserved