ペンシルベニア州のフィラデルフィア県はアメリカ合衆国発祥の地と呼ばれる….気温氷点下ー3.0度.

発信時間 : 2019年01月20日08時14分   日曜日 あたしの娘さん一か月大学の冬休み, 昨天の19日から21日まで3日間ペンシルベニア州のチャーチキャンプに過ごします….まだあと2日教会生活を楽しませる, ...

アメリカのトランプ大統領…..万歳 ! 万歳 ! 万万歳 !!! ……(*´◡`*) !

発信時間 : 2019年01月18日16時40分   金曜日 元顧問弁護士 :「世論調査操作はトランプ氏の指示 ...

多くの教訓を提供してくれる歴史の重要性を強調する, 世界最高齢の首相…..マレーシアのマハティール首相 !

発信時間 : 2019年01月18日11時56分   金曜日 マハティール首相 :「人種的不安から恩恵を受ける人は誰もいない ...

共産中国の解放軍 : 『天下は俺達のもの ! 』 

発信時間 : 2019年01月17日12時10分   木曜日 環境保護と両立する基地移設 民主党政権も選択肢は辺野古… 反対行動は中国利する結果に   米軍普天間飛行場の辺野古移設問題が依然としてくすぶっている。安倍晋三首相が6日のNHK「日曜討論」で…. 「土砂を投入していくに当たってですね、あそこのサンゴについては、移しております…」と発言したが、これが問題になっているのだ。  実態はどうかと調べると、2018年7月14日付琉球新報(電子版)に「県、サンゴ採捕許可」とあり、実際に移植したという記事もあるが、9月4日付同紙には「サンゴ採捕 沖縄県が不許可」となっている。 これらから考えれば、一部のサンゴは移植されたが、まだ移植されていないものもあるというのが実態だろう。  一方で、今年1月8日付の琉球新報の記事は「辺野古埋め立て 首相が『あそこのサンゴは移植』と発言したが…実際は土砂投入海域の移植はゼロ」と書いている。  NHKテレビを見る限り、「サンゴ移植」をめぐる首相発言は、実際の土砂投入海域と埋め立て予定地域を峻別し、場所を限定した議論ではなかった。琉球新報の記事は、揚げ足取りに近いものだと筆者には思える。  サンゴの問題は、いわゆる環境保護に取り組む人たちを、そのまま辺野古移設反対派にしてしまっているようだ。 サンゴをできるだけ保護しつつ、基地移設を進める手段があるにもかかわらずだ。  少し冷静に考えると、サンゴは移植できるのだから、サンゴを守ることと、辺野古移設に反対することに直接の関係はない。 技術的なことをいえば、正確にはすべてのサンゴを移植することはできず、移植できるのは大きいサンゴだけになるが、それでも、サンゴ保護と辺野古移設は両立させられるものだ。 さらにいえば、サンゴ移植の許可を拒んでいるのは沖縄県である。県は埋め立て工事の差し止めを主張している。 県の理屈は、工事が行われない以上、移植のためのサンゴ採取許可もあり得ないということなのだが、これは形式的な論理だ。 サンゴを保護したいというなら、県が早くサンゴ移植の許可を出せばいいのだ。  環境保護と辺野古移設は両立するし、辺野古移設は極東アジアの平和バランスのために必要なのだ。 普天間からの移設先として、辺野古以外の選択肢がないことは、民主党政権の時、「最低でも県外」と当時の鳩山由紀夫首相が発言してできなかったことから、玉城デニー知事もよく知っているはずだ。  極東アジアの軍事バランスを考える際の相手国は中国である。中国は、南シナ海のスプラトリー(南沙)諸島で大規模の埋め立てによって軍事拠点を構築している。 この工事により海域のサンゴ礁およびそこに生息する海洋生物など自然環境は決定的に破壊されたといわれる。  それなのに、中国よりはるかに環境を重視している日本に、環境保護を掲げて基地移設に足かせをはめようとしている辺野古反対派は、結果的に中国を利することになりかねない。 万が一、中国による軍事的暴発があれば、比較にならないくらいひどい破壊が起こるだろう.(元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一) —終わり—

13日, 北海道で氷点下29.5度を観測した ! Wow !

発信時間 : 2019年01月14日08時28分   月曜日 寒さが生んだ自然の芸術 北海道で-29.5度 氷点下の世界に幻想的な光景が広がった。 13日朝の北海道は、厳しく冷え込み、旭川市江丹別では今シーズン最も低い、氷点下29.5度を観測した。 氷の結晶に太陽の光が反射し、光の柱のように見えるサンピラーが出現した。 サンピラー ...

「過去ばかりにとらわれる、とんでもない大統領だ ! 」……アホ大統領だ !

発信時間 : 2019年01月12日13時24分   土曜日 10日午前、新年の記者会見を行った韓国の文在寅大統領。 いわゆる元徴用工問題によって日韓関係が悪化する中、大統領の発言が注目されたが….. 2時間に及ぶ記者会見の場では、記者からの質問は、北朝鮮問題や国内の経済問題などに集中。 一方、9日、日本が要請した協議への対応については、回答がないままとなった。 会見を受け、自民党の岸田政調会長は「韓国政府から具体的適切な対応は行われていない。 見ることができない状況であり、この点については、大変遺憾に思っている ...

日本の“狐の ⾏列”….面白かったぞ !!!

発信時間 : 2019年01月10日11時56分   木曜日 外国⼈観光客が集結!“狐の⾏列”とは? 東京・王⼦の⼤晦⽇。なぜか多くの外国⼈が集まってきていた。彼らのお⽬当ては、“狐の ...

世界最年少の10歳でプロ入りが決まったの天才棋士仲邑菫ちゃん, 超かわいい !!! ♥♥♥ !

発信時間 : 2019年01月06日12時58分   日曜日 試験合格…小4女児、最年少プロ棋士へ 「うれしかったです ...

喧嘩両成敗の「米中新冷戦」, 漁夫の利の日本….. 絶好のチャンスだ !!!

発信時間 : 2019年01月06日07時24分   日曜日 日本….「米中新冷戦」は絶好のチャンス !!! 北方領土・拉致問題に急展開、7月衆参ダブル選挙で与党圧勝も  2019年の永田町は波乱含みの展開である。最大の焦点はロシアとの北方領土交渉だ。 安倍晋三首相は1月に訪露した後、6月に大阪で開かれるG20(主要20カ国・地域)首脳会議で、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領と再会談し、平和条約の締結に大筋合意したい考えだ。 そうなれば、歯舞群島と色丹島の返還にメドが立つ。 その成果を引っさげて、安倍首相は衆院を解散し、7月の参院選を衆院選とのダブル選挙にする可能性が出ている。  それだけではない。  北朝鮮による日本人拉致問題も米朝非核化交渉の裏側で、解決に向けて明るい光が見えてくる可能性がある。 北方領土と拉致問題で大きな前進があれば、政権与党の圧勝は確実だ。そうなれば、憲法改正も具体的に動き出すに違いない。  まさに、歴史的な大激動である。なぜ、さまざまな問題が一挙に動き出すのか。最大の理由は「米中新冷戦」にある。  これは単なる貿易戦争ではない。ハイテク覇権や安全保障が絡んだ米中のガチンコ対決だ。中国通信機器大手「華為技術(ファーウェイ)」の事件は、そんな対決の本質を如実に示している。 米中対決は、ロシアや北朝鮮の対米姿勢にも変化をもたらす。  北方領土返還への障壁は「返還された島に米軍基地ができるのかどうか」だった。 日米安保条約によって、米国は日本のどこにでも基地の設置を要求でき、日本は合理的理由なくして断れない関係にある。  だが、米国にとって最大の脅威が中国であるなら、ロシアへの刺激は避けて基地を置かない可能性が出てきた。 ロシアは日本と平和条約を結べば、本格的な経済協力も期待できる。肥大化する中国を牽制する起爆剤を手に入れられるのだ。 北朝鮮にも同じメカニズムが働く。  金正恩朝鮮労働党委員長は、いつまでも中国を頼って「子分」の身に甘んじるのか。 それとも、非核化を受け入れて米国や日本との関係を改善し、経済発展の手がかりを得るか、という岐路に立っている。  もしも非核化を決断するなら、見返りの経済支援(=カネ)を手にするためには、日本人拉致問題を解決しなくてはならない。カネの出し手は日本になるからだ。  一言で言えば、米国と中国の冷戦が過熱すればするほど、ロシアと北朝鮮は日米に接近する関係にある。露朝両国が、旗色の悪い中国に肩入れするメリットは少ない。  かつて米ソ冷戦の真っ最中に、中国がリチャード・ニクソン米大統領の電撃訪中を受け入れ、米中国交樹立につなげた前例もある。 当時、日本は「青天の霹靂(へきれき)」と驚くばかりだった。同じ失敗を繰り返してはならない。  日本は長年の懸案を片付ける「絶好のチャンス」を迎えている。………..( 長谷川幸洋 ...

昨年も, アメリカ….デンバー, コロラド州夜明け前空の「火球」….隕星よ !

発信時間 : 2019年01月04日12時04分   金曜日 「火球」の目撃情報相次ぐ 夜明け前、西日本中心に 正月三が日の夜明け前の空に、「火球」とみられる目撃情報が相次いだ。 夜明け前の島根・松江市で、手前の水面に、何かの光が反射したあと、上空に白い大きな光の玉が現れた。 一度、オレンジ色の光を放ったあと、雲の向こうに消えていった。 同様の光の玉は、兵庫県の明石海峡大橋付近でも見られた。 この光の玉は、3日午前4時49分ごろ、西日本を中心に目撃され、国立天文台の縣(あがた)准教授によると、特に明るく、大きい部類の火球だという。 —終わり—
© 2019 Sakura Jade House. All rights reserved