All Stories
鳩山由紀夫の専門知識, 地面にひざまずく : 『ごめん !  ごめん ! 申し訳ございません !』

こいつの口は鶏のお尻のよう….ペラ ペラ ペラペラ, いつまでも止まらない ! (*´◡`*) !

発信時間 : 2017年04月24日16時20分          月曜日 鳩山由紀夫元首相“珍説”  「農業知らない妄言」「思いつきで薄っぺら」と批判殺到 鳩山由紀夫元首相(70)が「畑や水田の上にソーラーパネルを設置すると、作物を育てながら太陽光発電できる」「そのほうが作物がよく育つ。 一挙両得で ...
翁長売国奴が沖縄のメディアは異常なほど基地反対、反米を煽る。しかし、戦後のアメリカ統治は、「生活環境向上」「人口増」「平均寿命伸長」などあらゆる恩恵を沖縄にもたらした。それを忘れて、恨み言を言うなど笑止千万だ

沖縄うるま市….やったぞ ! 島袋俊夫氏の勝利 ! おめでとう ございます ! これが翁長売国奴知事の転覆を予告する !

発信時間 : 2017年04月24日11時48分          月曜日 沖縄県・沖縄うるま市長選 自民など推薦の現職当選 任期満了に伴う沖縄県うるま市長選挙は、自民党などが推薦する現職が、翁長・沖縄県知事が支援する候補を破り、3回目の当選を果たした。  島袋俊夫氏「これからの(市民の)期待と夢を必ず実現してみせます」  23日に行われたうるま市長選挙では、自民党や公明党が推薦する現職の島袋俊夫氏(64)が、翁長・沖縄県知事が支援する山内末子氏を破って3回目の当選を果たした。自民党は、来年の沖縄県知事選に向け弾みを付けた格好。  一方、翁長知事は宮古島市と浦添市に続き、市長選で支援した候補が3連敗するかたちになった。 求心力の低下は避けられず、今後、普天間基地の移設問題にも影響が出る可能性がある。 基地の街、沖縄・嘉手納…静けさの中、米兵に緊張感「大統領の決断に注目するよ」 沖縄本島中部にある嘉手納基地(嘉手納町など)は約3700メートルの滑走路を2本備えた極東最大の米空軍基地だ。 北朝鮮が25日の朝鮮人民軍創建記念日に合わせ核実験や弾道ミサイル発射の軍事挑発に出る可能性があり….. 基地とそこで任務にあたる米兵は静けさの中に緊張感を漂わせている。 —終わり—
青森県の弘前城

♪♪♪ お岩木山のてっぺんを、綿みてえな白い雲が、ポッカリポッカリ ながれてゆき、桃の花が咲き、桜が咲き ♪♪♪…..美空ひばり

発信時間 : 2017年04月14日12時26分          金曜日 満開の桜 熊本城で特別公開 熊本地震のあと、立ち入り禁止となっていた熊本城の行幸坂が特別開放され、満開の桜を見ようと、多くの花見客でにぎわった。 桜の名所として知られる熊本城の行幸坂は、地震の復旧工事のため、立ち入りを禁止されているが、花見の時期に合わせて期間限定で特別に開放された。 花見客は、「素晴らしいですね。お城も間近に見えてね」、「うれしいような、お城がかわいそうなような、そういう気持ちですね、いつもと違います」などと話した。 ...
59発の巡航ミサイルを撃ち込んだ

北朝鮮が第6回目の核実験を強行した場合……破滅 ! 豚金の「斬首作戦」中国も黙認する !!!

発信時間 : 2017年04月12日18時50分          水曜日 米軍、北・シリア殲滅全容 化学兵器で連携した悪の枢軸…  北「核強行」なら破滅 ...
一方....「偉大なる指導者」:『 こらっ ! 敵のステルス爆撃機とステルス戦闘機は....どこ ?』
将軍ら:『殿っ ! 見えないよ ! ステルスだから....』
最近よく眠れない毎日もびびっているの「偉大なる指導者」

竜の髭を撫で虎の尾を踏むの「偉大なる指導者」……お馬鹿さんの「豚金」!

発信時間 : 2017年04月03日09時48分          月曜日 北を「許さない」トランプ政権幹部が警告… 無謀な核・ミサイル実験に怒り 正男氏暗殺、遺体返還で真相究明困難に  北朝鮮の国家的危機が高まってきた。金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏の遺体をマレーシアから返還させて、北朝鮮は“外交的勝利”を得たとの見方もあるが、ドナルド・トランプ米政権は甘くはない。 正恩氏が無謀な核・ミサイル実験を続ければ、世界最強の軍事力で粉砕することもありそうだ。  「 ...
正恩政権、外交的勝利. 「偉大なる指導者」万歳 ! 万歳 ! 万万歳 !

正恩政権、外交的勝利. 「偉大なる指導者」万歳 ! 万歳 ! 万万歳 !

発信時間 : 2017年03月31日10時10分          金曜日 北朝鮮・捜査対象の北朝鮮大使館員ら北京到着 北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏が殺害された事件で、北朝鮮とマレーシアは、遺体を引き渡すことなどで合意し、捜査対象になっていた北朝鮮大使館員らは、マレーシアを出国し、経由地の中国・北京に到着した。 31日未明に北京の空港に到着したのは、マレーシア警察が捜査対象としていた北朝鮮大使館のヒョン・グァンソン2等書記官と、高麗航空のキム・ウクイル職員らで、空港のVIP用の出口から迎えの車に乗り込み、北京市内の北朝鮮大使館に入った。 また、正男氏の遺体も、同じ便で移送されたとみられる。 これに先立ち、マレーシアと北朝鮮は、遺体を北朝鮮に引き渡すことや、出国禁止措置を解除することで合意したとの共同声明を発表した。 これを受け、平壌(ピョンヤン)に足止めされていた9人のマレーシア人外交官らも30日夜、北朝鮮を出発し、日本時間31日午前6時にクアラルンプールに到着するという。 「金正男」と認めず遺体引き取り 正恩政権、外交的勝利 金正恩氏は政権を継承するに当たり、(1)自らの母が在日朝鮮人であることを隠す(2)金正男氏の存在自体を国民に知らせない-ことを徹底してきたとされる。 北朝鮮は今回、総選挙を控えるマレーシアが世論を意識しなければならない事情を利用し、平壌在住のマレーシア人を“人質”に交渉を展開。 公式的には決して認めないものの、水面下では金正恩氏も「金正男氏の家族」という理屈で、マレーシア側から譲歩を引き出したとみられる。 —終わり—
詐欺師の籠池夫妻

内閣総理大臣を陥れる画策 ! 許されないの売国行為 !

発信時間 : 2017年03月30日20時22分          木曜日 籠池氏「偽証」動かぬ証拠 振込用紙に「疑惑の筆跡」…. 自民は「辻元問題」で反転攻勢へ  学校法人「森友学園」(大阪市)の籠池泰典理事長が、「偽証罪」に問われる可能性が高まってきた。「安倍晋三首相側からの100万円寄付」証言をめぐり、自民党や一部メディアが郵便局の振込用紙の筆跡鑑定をしたところ、籠池氏の主張がほぼ崩れたのだ。妻の諄子(じゅんこ)氏のメールに名前が登場した民進党の辻元清美衆院議員についても、与党では調査を進めている。 大きく潮目は変わり、特捜部への刑事告発も見えてきた。 ...
将軍たち :『殿っ ! どうするっ ! 』
フィリピンのドゥテルテ大統領 :『 しょうがないかなぁ ! 彼らと戦うことは自己破壊です!』

将軍たち :『殿っ ! どうするっ ! 』, フィリピンのドゥテルテ大統領 :『 しょうがないかなぁ ! 彼らと戦うことは自己破壊です!』

発信時間 : 2017年03月29日12時54分   水曜日南沙諸島の人工島 軍事施設“ほぼ完成”  アメリカの研究機関「CSIS」は27日、中国が南シナ海の南沙諸島で埋め立てた人工島について、軍事施設がほぼ完成し、戦闘機などをいつでも配備できる状態になったとの分析結果を公表した。  研究機関は今月、撮影した南沙諸島の衛星写真を公開した。ファイアリークロス礁など中国が埋め立てた3つの人工の島で、戦闘機の格納庫や軍事用レーダー設備が完成に近づいていることがわかるとしている。 研究機関は、これにより中国が戦闘機や移動式のミサイルなどをいつでも配備することができると警告している。  また、西沙諸島にもすでに滑走路などが整備されていることから、南シナ海のほぼ全域で軍用機の運用が可能になると指摘している。 【 ...
朝鮮半島危機

朝鮮半島の危機に、日本は決して無関係ではいられない !

発信時間 : 2017年03月28日17時54分          火曜日 正恩氏「クスリ漬け」の衝撃情報!  米と一触即発、核実験強行姿勢も 「三沢、横田、岩国、沖縄…」日本は火の海 日本の国会やメディアは、学校法人「森友学園」(大阪市)の問題で大騒ぎだが、わが国の安全保障に直結する北朝鮮情勢は緊迫したままだ。 史上最大規模の米韓合同軍事演習が行われるなか、北朝鮮は近く、6回目の核実験を強行する構えを見せている。核実験場では、新たな車両の動きが確認された。 ドナルド・トランプ米大統領に迫る「我慢の限界」と、金正恩朝鮮労働党委員長に関する衝撃的な「クスリ漬け」情報。 北の独裁者は冷静な判断力を失っているのか。ジャーナリスト、加賀孝英氏の独走リポート。  「米軍が先制攻撃する兆候が、少しでも見えたら、われわれは瞬時に米国、韓国、日本を先制攻撃する」  「三沢、横田、岩国、沖縄など、在日米軍基地に、われわれは容赦なく核ミサイルを撃ち込む。日本は火の海になる」 正恩政権に直結する重要幹部で、日米韓情報当局が監視対象者とする人物は、私(加賀)をにらみつけ、すごんだ。  前回の連載(3月13日発行号)で、私はこの幹部の証言を紹介し、以下の情報を報告した。  (1)北朝鮮は、米軍の「先制攻撃」(=米軍最強の特殊部隊による正恩氏『斬首作戦』)を察知し、潜水艦による特攻決死隊をハワイ近海に派遣するなど、一触即発の異常な緊張状態にある。 (2)「米朝衝突=第2次朝鮮戦争」勃発の「Xデー」を、北朝鮮は「朴槿恵(パク・クネ)大統領の罷免を受け、韓国で『従北』『反日反米』の次期大統領が誕生する、5月9日投開票の大統領選前に必ずくる」と覚悟している。 そして、米情報当局関係者の極秘情報として「常軌を逸した正恩氏が、北東部豊渓里( ...
先月まで....ロッテグループ : 『中国市場 ! 美味しかった !』

『北からのミサイル….早く飛んてきなさい ! お願い !』,韓国将来の希望をなくした若者が母国を呪咀する

発信時間 : 2017年03月27日15時14分          月曜日 韓国極左政権誕生で日本の一部野党や新聞が共闘、政府追及か  朴槿恵スキャンダルを機に大混乱が続く韓国では、憲法裁判所が朴大統領の弾劾を有効と判断した。5月中旬の大統領選挙実施が予想される。 ジャーナリストの室谷克実氏は、最有力候補と目される最大野党「共に民主党」(以下、民主党)の文在寅・前代表が大統領になれば、慰安婦問題の日韓合意を破棄することは間違いないと見る。 問題はそれだけではない。室谷氏が新政権の別の危険性を指摘する。  悩ましいのは、極左政権により韓国経済がメチャメチャになることだ。 民主党は、「不正蓄財財産を国庫で還収する法案」実現をめざす。朴槿恵と崔順実の財産が標的とされるが、これは法律の効力が施行前に遡って適用される韓国お得意の「遡及立法」である。 “財閥憎し”が燃え上がる韓国では、この遡及立法が財閥の接収につながる可能性を否定できない。  現在の韓国は経済が落ち込み、失業者が世にあふれ、将来の希望をなくした若者が「 ...
© 2017 Sakura Jade House. All rights reserved