放射能の影響を受けた

放射能で変異した青いなまず

日本人写真家が撮影 放射能で変異した青いなまず

静かな海の中を、青い不思議な魚がひっそりと泳いでいる。体全 体を覆う鮮明な青の模様には白い斑点が混じり、所々にピンク色の模様も見える。ひげにも珊瑚のような小さな赤い物体が付着している。黄色く光る目の周りに は、赤と黒の縞模様がくっきりと見える。これは新種の魚ではなく、SF映画の特撮でもない。放射能の影響で変異を起こしたなまずなのだ。中国青年報が伝え た。

水中写真家の鍵井靖章氏は、東日本大震災の4週間後から今に至るまで、被ばくの危険を冒して何度も被災地付近の海底に潜り、そこで起こりつつある恐ろしい変化を1年間にわたり撮影してきた。

3月18日に行われた広東省カメラマン協会潜水委員会の設立イベントに出席した鍵井氏は、これらの貴重な写真を展示した。被災地付近の海底で暮らす変異生物の写真が、会場でどのような反応を引き起こしたかは知る由も無いが、その後ネットに掲載されると話題騒然となった。

福島第一原発の事故後の海洋モニタリングを担当している米マサチューセッツ州ウッズホール海洋研究所の研究員Ken Buesseler研究員は今年2月21日、「昨年6月以降、福島原発からの放射性物質拡散をモニタリングしているが、事故から1年近く経った今でも、放 射性物質の漏えいが広がっている。原発から30-640キロメートル圏の太平洋海域では、放射性物質セシウム137の測定値が正常値の10-1000倍に 達している」と述べた。

放射性物質は海水によってすでに640キロメートル以上離れた 海域にまで運ばれ、今も拡散を続けているという。海水だけでなく、魚やプランクトンからもセシウム137を含む放射性物質が検出されており、震災前の10 倍以上、最も高いところでは1000倍という高い数値が検出されている。

また、放射性物質は海底泥の下、深さ20センチまで浸透している。チェルノブイリの事故と同じく、非常に長い年月をかけても、これを取り除く事はできない。

Buesseler氏によると、検出されたセシウム137の値は危害を与えるとされる水準を下回っており、海洋生物の安全を脅かすほどではなく、食用水産物に影響はないという。

しかし、変異を起こした驚くべき生物の写真を見せつけられた後では、この言葉の信憑性は薄いように感じる。緑色に光る魚の卵の写真を見て、食べても大丈夫と言える人など、いるだろうか。

変異が発生した場合、生物種や食物連鎖にもたらされる変化は時と共に収束するものではない。放射線生態学者のウォルト・ウィクラー氏によると、海洋生物の卵と稚魚は放射性物質に敏感であり、被ばくによってDNAになんらかの異常が発生する可能性があるという。

ニューヨーク市立大学リーマン校海洋河口研究所のジョセフ・ラ クリン所長は、「DNAが変異した生物のほとんどは生き残ることができないが、一部の変異は次世代に遺伝する。海洋生物が放射能の影響を受けた海藻や小型 の獲物を摂取すれば、食物連鎖を通じて汚染の影響が出る」と指摘する。

中国の専門家が最も懸念していることは、原発事故による中国海洋 環境への影響だ。震災後の放射性物質汚水は主に東に向かって流れたため、日本東側の西太平洋海域に影響を及ぼしているが、日本付近の海域には極めて複雑な 大小の渦が存在しており、一部の汚水が太平洋南西方向に運ばれる可能性もある。長期的に見れば、中国の海域が影響を受けないということは不可能だ。

実際のところ、もし食物連鎖全体でDNA変異が起こったとすれば、全人類が被害者となり、逃げ場はないのだ。

映画「ゴジラ」は、米国の核実験による放射能で海洋生物が巨大な怪物へと変異したというストーリーだった。現在、すでに放射能汚染されたがれきが存在している。ゴジラのような怪物が遅かれ早かれ登場するのではないか?

日本政府は放射能汚染されたがれきを2014年3月までに処理することを目指しているが、そのいわゆる処理方法が、昨年のように「海への投棄」ではないことを祈る。でなければ、いつの日か「魚ゴジラ」が出現し、東京に上陸することにもなりかねない。

Share This Post

Related Articles

Leave a Reply

© 2020 Sakura Jade House. All rights reserved