日本の桜

 

一番桜の種類が多い名所...多摩森林科学園

あまり知られていない日本の桜にまつわる「一番」

春の訪れと共に、日本はまた年に1度の桜の季節を迎える。花見は日本で最も賑やかな行事の一つである。皇室から市民まで誰もが、この季節に魅了されている。日本屈指の花見の名所をいくつか紹介したい。

一番桜の種類が多い名所:多摩森林科学園

様々な種類の桜、色や形の違う桜を一度に見たいのなら、東京八王子市にある多摩森林科学園がお勧めだ。ここの「サクラ保存林」には、約250種類2000株近くの桜が植わっており、日本国内で最も桜の種類が集まっている場所である。

一番遅く桜を見られる名所:北海道

北海道の「松前城」は日本屈指の桜の名所であり、(財)日本さくらの会から「さくらの里」の称号を受けている。北海道は日本で最も寒い地域であり、暖かくなるのが最も遅く、ここの桜は5月下旬に咲き始める。そのため、日本で一番開花の遅い桜の名所である。

一番遅く桜を見られる名所...北海道

 

一番長い桜並木:二十間道路

日本で最も長い桜並木が続く北海道静内町の「二十間道路」は全長8キロメートルで、道路わきには1万本近くの桜が並び、長々と連なる桜並木を形作っている。毎年、桜の季節になると、道路は歩行者天国となり、観光客たちが桜を鑑賞しながらゆっくりと散歩する事ができる。

一番長い桜並木...二十間道路

 

一番多い桜の名所:名護城公園

沖縄県の名護市にある「名護城公園」には、2万本以上の桜が毎年1月末頃から咲き始める。この時期、桜祭りが開催され、桜を見ながら、様々な民族舞踊を楽しむこともでき、沖縄県の人気な桜の名所になっている。

一番多い桜の名所...名護城公園

 

一番巨大な桜:山高神代桜

山梨県武川町の実相寺境内には、樹齢1800年、根回り13,5メートルの巨大な「山高神代桜」が立っている。1992年に国指定天然記念物に指定されている。満開の大きな桜の木を見るなら、4月上旬から中旬がベストである。

一番巨大な桜...山高神代桜

 

一番一般的な桜:ソメイヨシノ

日本国内には340種類以上の桜があるが、最も良く見かけるのは「ソメイヨシノ(染井吉野)」であり、全国の桜の約8割を占めている。沖縄と北海道北部を除く全ての地域で目にする事ができる桜だ。

一番一般的な桜...ソメイヨシノ

 

一番早く桜を見られる名所:沖縄県八重岳

日本国内で一番早く桜を鑑賞できる場所は、温暖な気候の沖縄県本部町にある山「八重岳」の一体である。毎年1月中旬には、約4000本の寒緋桜が咲き誇り、1月15日から盛大な桜まつりが開催される。

一番賑やかな桜の名所...東京、京都

 

一番特徴的な桜の名所:箱根

箱根は東京の西約90キロメートルの 所にあり、日本の最も代表的な観光地である。桜の季節が訪れると、桜は箱根の山の麓から中腹、山頂にかけて徐々に咲いていく。桜は時間をかけて咲くため、 観光客が観賞できる期間も長い。また、箱根は賑やかなで、天然の露天風呂や洗練された古き良き旅館がたくさん揃っていて、観光に最適なリゾート地である。 そして、ここからは遠くに美しくそびえ立つ富士山を見ることもできる。

一番特徴的な桜の名所:箱根

 

Share This Post

Related Articles

One Response to “日本の桜”

  1. 沖縄県の性病科沖縄県の性病科

Leave a Reply

© 2017 Sakura Jade House. All rights reserved