共産中国が台湾を攻撃したら….

発信時間 : 2020年10月24日13時00分 土曜日

米、台湾に武器売却で中国を「牽制」 中国軍は新たな戦略兵器を配備、台湾への武力侵攻に備えた動きか….

大悪魔毛泽东の跡継ぎの小悪魔习近平….「毛泽东的思想,汉献帝的实力 !
共産中国の帝王
今めちゃくちゃの米台中関係, いつでも戦争につながる可能性がある
共産中国の帝王率いるの「台湾統一」計画
「台湾統一」計画

習近平国家主席率いる中国共産党政権が「台湾統一」を視野に軍事的覇権拡大を進めるなか、米国務省は21日、台湾に空対地巡航ミサイルなど総額18億ドル(約1884億円)分の武器を売却する方針を議会に通知した。

米軍の空対地巡航ミサイル
米軍の空対地巡航ミサイル
米軍の空対地巡航ミサイル
米軍の空対地巡航ミサイル

台湾周辺では、中国軍機や軍艦の接近件数が今年に入って近年の5割以上増加したという報道もある。米台は防衛策に本腰を入れたようだ。

米、台湾に武器売却
米、台湾に武器売却
ワハハハ !
米、台湾に武器売却
台湾に武器売却….米が台湾に時限爆弾を渡すのように見えます

 売却されるのは、敵の防空システムの有効射程外から発射できる精密誘導型の空対地巡航ミサイル(SLAM-ER)135基に加え、「高機動ロケット砲システム」(HIMARS)と呼ばれる自走多連装ロケット砲11基など。ドナルド・トランプ政権による台湾への武器売却決定は今回で8回目となった。

精密誘導型の空対地巡航ミサイル(SLAM-ER)135基
(SLAM-ER)
(SLAM-ER)
(HIMARS)と呼ばれる自走多連装ロケット砲11基
自走多連装ロケット砲

 米国務省は声明で「これらの兵器を売却することで、台湾は現在と将来の脅威への対応能力を向上させることになり、米国の国益にも合致する」と指摘した。台湾外交部も22日の声明で、売却は台湾の防衛力を高め、「地域の平和と安定を維持するのに極めて役立つ」と表明した。

台湾外交部
米台連携, 頑張れ !
蔡英文総統閣下, 頑張れ ! 援助します !
蔡英文総統閣下, 頑張れ !
台湾軍, 頑張れ ! 援助します !
米台連携中国を「牽制」, つまり鬼払う !

 台湾が直面するのは、中国軍の圧力だ。

香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(電子版)は、中国軍の新たな戦略兵器「東風(DF)17」が中国沿岸部に配備されたと報じた。

中国が披露した「DF-17」に対抗する迎撃手段は存在するのか?
戦略兵器「東風(DF)17」
戦略兵器「東風(DF)17」
戦略兵器「東風(DF)17」

台湾の対岸にある福建省や広東省の基地に配備されたとみられ、台湾への武力侵攻に備えた動きとの見方も伝えた。

台湾の対岸にある福建省や広東省沿岸

 台湾の中央通信社が運営する日本語サイト「フォーカス台湾」は22日、中国軍機が台湾の防空識別圏に侵入した件数は9月16日から今月21日までに22回と報じている。

台湾の防空識別圏(ADIZ)

今年、中国の軍用機や軍艦が台湾周辺を飛行・航行した件数は、近年の同時期と比較して5割以上増加したという。

台湾周辺を飛行した共産中国のH-6戦略爆撃機
台湾周辺を飛行した共産中国の殲撃十型戦闘機
台湾周辺を巡航した共産中国の軍艦

 米台の動きは、「自由・民主」「人権」「法の支配」を守る自衛措置だが、中国外務省の趙立堅報道官は22日の記者会見で、「中国の主権と安全保障上の利益を深刻に損なう」「台湾の独立、分裂勢力に誤ったシグナルを送る」と反発した。

共産中国外務省の趙立堅報道官
中国の主権と安全保障上の利益のため

—終わり—

Share This Post

Recent Articles

Leave a Reply

© 2020 Sakura Jade House. All rights reserved