「桜の原産地=韓国」….うわぁ ! いい加減にしろっ !!!

発信時間 : 2019年03月28日13時02分   木曜日

なぜ韓国では「桜の原産地=韓国」説にこだわり続けるのか 

韓国では…..「桜の原産地=韓国」! うわぁ ! いい加減にしろっ !!!

各地で桜の開花が確認され、春本番を迎えている。桜の木の下で飲食などを楽しむ「花見」は日本独特の文化・風習だが、実は日本統治時代を通じて韓国にも、花見の風習が根付いている。

桜の木の下で飲食などを楽しむ「花見」は日本独特の文化….最高 !!!

ところが近年、韓国では桜も花見の風習も「韓国オリジナル」という主張が盛んに繰り返されている。なぜか? 韓国人のノンフィクション・ライター崔碩栄氏が解説する。

韓国「反日フェイク」の病理学 小学館新書…..崔碩栄・ 

 桜の時期になると毎年繰り返して話題に上がるのが、日本と韓国の間の「原産地」論争だ。そうはいっても日本側での反応は薄い。

日本側での反応は薄い

韓国側だけが、「韓国=原産地」説に物凄く執着するのだ。韓国のこの執着はどこから生まれたのだろうか?

韓国での反応は物凄く執着する

 実は、桜の原産地が韓国だという主張は1950年代にも存在した。しかし、一部の主張にとどまり、大部分の韓国人にとって桜は日本の花であり、日本を象徴する花だと考えられていた

日本の象徴…..桜とお城 !!!

日本の象徴 !!!

それは、終戦直後に日本統治から解放された韓国のあちらこちらで、韓国人の手によって桜の木が伐採されたことが何よりもはっきりと証明している。「桜=日本のもの」という認識があったからこそ、日本に対する反感を桜に向け、怒りをぶつけたのだ。

日本に対する反感を桜に向け…

 また、戦後にも「花見」に出かける韓国人たちの姿を見咎めて、問題提起をするような新聞記事が1990年代までは何度も書かれている。日本文化である花見を楽しむ姿は目に余るという理由だ。

 終戦直後の韓国には、花見を楽しみたいという素朴な気持ちすら罪悪視されるほどに強烈な反日感情が充満していた

強烈な反日感情が充満していた !

美しいものを見ても「敵の文化と象徴を愛でてはならない」とされ、美しいと感じる感情は悪であると教え込まれた。だが、韓国人の本能を抑え続けることはできなかった。

愛と憎しみが混同

春になると人々は桜を見に出かけ、桜が有名な地域には全国から観光客が殺到した。このような風潮に対して、「韓国の花もいろいろあるのに何で日本の花?」、「日本文化の真似だ」といった懸念の声があがったことは言うまでもない。

 これに対し、これらの懸念をきれいに払拭してくれる主張が登場したのだ。それこそが「桜の原産地は韓国である」という主張だ。

韓国ソウル景福宮の桜 = 「桜の原産地は韓国である」…..えっ !

つまり、日本の象徴であり、日本の花だとして知られていた花は実は韓国原産である、という主張は、桜を愛する韓国人たちを罪悪感から救ってくれたのだ。

◆花見は韓国伝統文化にあらず

花見は韓国伝統文化にあらず !

 桜の原産地が厳密に言うとどこであるのかという問題については、専門家ではないので判断することは控える。だが、確実に言えるのは、韓国に樹齢何百年といった桜の老木があったとしても、桜を愛でて楽しみ、あるいは生活の中に利用するような文化や情緒はなかったという事実だ。これについては、韓国内での名コラムとして知られている朝鮮日報の「李圭泰コーナー」でも指摘されている。

韓国の済州島

南海の島 

〈済州島や南海の島で数百年になる桜の古木が発見され、原産地が韓国であるという説が有力視されているが、そうであれば(韓国において)古くから誰も目にしたことがない花というわけではないはずなのに、我々の先祖たちが残したものの中から桜を素材にした詩の一首、物語の一場面をみつけだすことができないということは、ないがしろにされてきた花だったようだ〉(朝鮮日報 1985421日)

ないがしろにされてきた花だったようだ

 韓国には桜が登場する古典文学や詩歌は知られておらず、伝統的な料理の中で桜を使ったものも、私の知る限りは存在しない。

日本の古典文学…..歌川広重の『 東海道五十三次絵 』の「花見

古典文学や詩歌の中にも頻繁に登場し、餅や菓子などの材料として使われ、絵に描かれ、着物の柄として使われてきた日本との差は歴然としている。

日本の古典文学…..葛飾北斎冨嶽三十六景 』の桜絵画

もちろん、これが原産地論争の結論と直結するわけではないが、明らかなのは、桜が韓国に原生していたとしても、「ないがしろにされてきた花」に過ぎなかったということだ。…. ( 崔碩栄・著 )

反日モンスター」はこうして作られた 狂暴化する韓国人の心の中の怪物“ケムル” 講談社プラスアルファ新書…..崔碩栄・

—終わり—

Share This Post

Related Articles

Leave a Reply

© 2019 Sakura Jade House. All rights reserved