13日, 北海道で氷点下29.5度を観測した ! Wow !

発信時間 : 2019年01月14日08時28分   月曜日

寒さが生んだ自然の芸術 北海道で-29.5

北海道の旭川市

北海道の旭川市

氷点下の世界に幻想的な光景が広がった。

寒さが生んだ自然の芸術

自然の芸術…..樹氷

氷点下の世界

北海道十勝地方の冬…凍りつく十勝川河口。この氷が一旦海に流れ、波にもまれると透明に(写真提供:豊頃町観光協会

その絶景を写真に収めようと、年々訪れる人が増えています

大津海岸へは帯広市街から車で約1時間。ジュエリーアイスを見るのに一番おすすめの時間帯は朝日が昇る明け方です。太平洋の水平線から顔を出す太陽の光を受けて、ジュエリーアイスが美しいオレンジ色に輝きます

冷え込みが激しいと海面上に発生する”けあらし(蒸気霧)”の中、昇る黄金の朝日

ダイヤモンドのようにカットされた氷が、朝日を受けてより美しく輝きます

太陽が昇りきると、氷の透明度が強調されていきます。晴天時には真っ青な空を映して青く輝くことも

13朝の北海道は、厳しく冷え込み、旭川市江丹別では今シーズン最も低い、氷点下29.5度を観測した。

北海道最大級の高原リゾート….ルスツリゾート

北海道….. – 29.5度

シンガポール/マレーシア…..29.5度

氷の結晶に太陽の光が反射し、光の柱のように見えるサンピラーが出現した。

サンピラー ( 太陽柱 )は、大気光学現象の一種であり、日出または日没時に地平線に対して垂直方向へ、太陽から炎のような形の光芒が見られる現象を言う。ダイアモンドダストでも同様の現象が起きる。

アメリカ合衆アラスカ州フェアバンクスで撮影された白銀色の光柱

—終わり—

Share This Post

Related Articles

Leave a Reply

© 2019 Sakura Jade House. All rights reserved