ワームビアさん, 死んちゃった ! さようなら ! ゆっくり眠ってください…..(。-_-。) !

発信時間 : 2017年06月20日12時12分          火曜日

北朝鮮・北朝鮮から帰国の米国人学生死亡 !!!

1年以上昏睡状態が続いているというのオットー・ワームビアさん....19日、オハイオ州の病院で死亡した !!!

1年以上昏睡状態が続いているというのオットー・ワームビアさん….19日、オハイオ州の病院で死亡した !!!

北朝鮮におよそ1年半拘束され、先週解放されたアメリカ人大学生が、19日、オハイオ州の病院で死亡した。

死亡したのは、アメリカ人大学生のオットー・ワームビアさん。

オハイオ州空港

オハイオ州空港

ワームビアさんは、北朝鮮で拘束されている間に、昏睡状態に陥り、13日に解放されたあとは、オハイオ州の病院で治療を受けていた。

ワームビアさんの死亡を受けて、トランプ大統領は日本時間20日朝、「北朝鮮の残虐な体制を非難する」との声明を発表した。

トランプ大統領 :『てめえっ !!! この野郎っ !!!』

トランプ大統領 :『てめえっ !!! この野郎っ !!!

米国との対話狙った北の「人質外交」、昏睡帰国で大失敗

 米国と北朝鮮は5月8、9の両日、北朝鮮に抑留されていた米国人大学生、オットー・ワームビアさん(22)の釈放を向けた「秘密接触」をノルウェーのオスロで行った。

ノルウェーのオスロでの「秘密接触」

ノルウェーのオスロでの「秘密接触」

当時は米国が北朝鮮への圧力を強調する一方で、対話の可能性にも言及していた微妙な時期だった。

狂犬 :『このパンゴリン ! 困ったもん !』

狂犬 :『このパンゴリン ! 困ったもん !

 トランプ米大統領の発言からして以前とは異なっていた。トランプ大統領は4月30日、CBSテレビのインタビューで突然「金正恩(キム・ジョンウン)は賢いやつ(pretty smart cookie)だ」と述べたのに続き…..

トランプ大統領 :『 このデブは賢いやつだ !!!』

トランプ大統領 :『 このデブは賢いやつだ !!!

翌日にはブルームバーグ通信のインタビューで「適切な状況(right circumstance)であれば、金正恩と会う」「(金正恩との会談は)光栄なことだ」と述べ、話題になった。

トランプ大統領 :『 このデブとの会談は光栄なことだ !!!』

トランプ大統領 :『 このデブとの会談は光栄なことだ !!!

その頃、ティラーソン国務長官も「北朝鮮の体制崩壊を望まない」と述べ、対話の可能性を示唆した。

ティラーソン国務長官 :『北朝鮮の体制崩壊を望まない !』.....いひひひ ! オホホ ! ワハハハ !

ティラーソン国務長官 :『北朝鮮の体制崩壊を望まない !』…..いひひひ ! オホホ ! ワハハハ !

それから10日もたたないうちに米国務省のジョセフ・ユン対北朝鮮政策特別代表が北朝鮮外務省の崔善姫(チェ・ソンヒ)米州局長と接触するため、ノルウェーに飛んだのだ。

北朝鮮外務省の崔善姫(チェ・ソンヒ)米州局長

北朝鮮外務省の崔善姫(チェ・ソンヒ)米州局長

 当初オスロでは、米国の民間の韓半島(朝鮮半島)専門家と北朝鮮外務省関係者が会う「1.5トラック(官民)対話」が行われるとされていた。米国と北朝鮮による当局間対話が行われる可能性も指摘されたが、米国務省の東アジア・太平洋担当報道官は「民間関係者は米政府のいかなるメッセージも携えていない」と説明した。

「カモフラージュ作戦」

「カモフラージュ作戦」

「カモフラージュ作戦」まで使い、国務省の担当者をひそかに派遣した格好だ。

ひそかに派遣した.....ワハハハ !

ひそかに派遣した…..ワハハハ !

 しかし、米国と北朝鮮の対話は最初から難航した。米国側は対話を「人質問題」に集中させようとしたが、北朝鮮は在韓米軍撤退などこれまでの主張を繰り返したとされる。

在韓米軍撤退....

在韓米軍撤退….

北朝鮮はワームビアさんをはじめ米国人の人質4人との領事による接見を認めると約束したが、それを履行しなかった。

北朝鮮の「人質外交」...拘束されたキム・ハクソンさんは、平壌科学技術大学に勤務していたとされる, 北朝鮮、米国人男性を拘束 4人目

北朝鮮の「人質外交」…拘束されたキム・ハクソンさんは、平壌科学技術大学に勤務していたとされる, 北朝鮮、米国人男性を拘束 4人目

接見は1回だけ認めるとしていたが、ワームビアさんの姿さえ見せなかった。米国がその後、接見を引き続き要求すると、北朝鮮は今月6日になって、国連代表部経由で「ワームビアさんは昏睡状態だ」と明かした。

米国人学生のオットー・ワームビア受刑者(写真中央)は2016年1月に逮捕された

米国人学生のオットー・ワームビア受刑者(写真中央)は2016年1月に逮捕された

北朝鮮・平壌での裁判に臨む、米大学生のオットー・ワームビア氏。国営朝鮮中央通信(KCNA)提供(2016年3月16日撮影)。(c)AFPKCNA via KNS

北朝鮮・平壌での裁判に臨む、米大学生のオットー・ワームビア氏。国営朝鮮中央通信(KCNA)提供(2016年3月16日撮影)。(c)AFPKCNA via KNS

北朝鮮・平壌で、涙ながらに記者会見する米大学生のオットー・ワームビア氏。国営朝鮮中央通信(KCNA)提供(2016年2月29日撮影、3月1日配信)。(c)AFPKCNA via KNS

北朝鮮・平壌で、涙ながらに記者会見する米大学生のオットー・ワームビア氏。国営朝鮮中央通信(KCNA)提供(2016年2月29日撮影、3月1日配信)。(c)AFPKCNA via KNS

昏睡状態に陥り、13日に解放されたあとは、オハイオ州の病院で治療を受けていた

昏睡状態に陥り、13日に解放されたあとは、オハイオ州の病院で治療を受けていた

トランプ大統領は直ちに「北朝鮮を訪問し、ワームビアさんの釈放を要求するように」と指示。ジョセフ・ユン代表と医療陣2人が今月12日に平壌に入り、ワームビアさんを連れ帰った。

ジョセフ・ユン代表

ジョセフ・ユン代表

北朝鮮は「人質外交」という手まで使い、米国との対話のきっかけを探ったとみられる。

北朝鮮の「人質外交」....クリントン元大統領と北朝鮮の大悪魔

北朝鮮の「人質外交」….クリントン元大統領と北朝鮮の大悪魔

北朝鮮は2009年に米国人女性記者2人を人質に取り、クリントン元大統領を平壌に呼び付けることに成功した。しかし、今回は米国の怒りを呼んだだけで、北朝鮮との対話機運は台無しになったとみられている。

人質が釈放された

人質が釈放された

 北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記は2002年9月、平壌を訪問した小泉純一郎元首相に対し、横田めぐみさんなど日本人を拉致した事実を認めた。拉致被害者問題を交渉カードにして、日本から無償資金支援を引き出す狙いがあった。

小泉純一郎元首相と北朝鮮の大悪魔

小泉純一郎元首相と北朝鮮の大悪魔

しかし、横田めぐみさんの「偽の遺骨」を日本に送ったことから、北朝鮮と日本の関係は最悪の状況に陥った。外交筋は「北朝鮮の今回の人質外交は02年の自殺行為を思い出させるものだ」と指摘した。

 トーマス・シェナン米国務次官は本紙のインタビューで「ワームビアさんの送還をきっかけに北朝鮮との対話が始まる可能性があるか」との問いに対し……

トーマス・シェナン米国務次官 :『不適切に逮捕され、裁判を受け、昏睡状態に陥った市民が返されたからといって、対話を再開するというのはおかしい !!!』

トーマス・シェナン米国務次官 :『不適切に逮捕され、裁判を受け、昏睡状態に陥った市民が返されたからといって、対話を再開するというのはおかしい !!!

「不適切に逮捕され、裁判を受け、昏睡状態に陥った市民が返されたからといって、対話を再開するというのはおかしい」と答えた。米国務省関係者もVOA放送に対し、「ワームビアさんの帰還と北朝鮮との対話は別の事案だ。対話の道は非核化を通じてのみ実現する」と述べた。米国は批判的な世論を背に北朝鮮への圧力を強化する可能性が高い。ティラーソン国務長官は13日…..

ティラーソン国務長官

ティラーソン国務長官

上院外交委員会で「北朝鮮に対する原油、石油など必需品供給を認めない案を(中国など)他国と協議している」と述べた。

北朝鮮の原油、石油, 99.99 % 共産中国が提供され

北朝鮮の原油、石油, 99.99 % 共産中国が提供され

スーミ・テリー元ホワイトハウス韓国担当補佐官はVOA放送に対し、「ワームビアさんが意識を取り戻さなければ、金正恩政権に対する制裁と圧力強化につながる」と述べ…..

現在ワームビアさんも死んちゃった....さようなら ! ゆっくり眠ってください.....(。-_-。) ! 北朝鮮・平壌で、涙ながらに記者会見する米大学生のオットー・ワームビア氏。国営朝鮮中央通信(KCNA)提供(2016年2月29日撮影、3月1日配信)。(c)AFPKCNA via KNS

現在ワームビアさんも死んちゃった….さようなら ! ゆっくり眠ってください…..(。-_-。) !

シンクタンク「アトランティック・カウンシル」のロバート・マニング研究員も「北朝鮮は米国の世論を悪化させる大きなミスを犯した」と指摘した。

ワシントン=趙義俊(チョ・ウィジュン)特派員 , 金垠廷(キム・ウンジョン)記者

「アトランティック・カウンシル」

「アトランティック・カウンシル」

—終わり—

Share This Post

Related Articles

Leave a Reply

© 2017 Sakura Jade House. All rights reserved