『テキサス親父』ことトニー・マラーノ :『日本と米国に神のご加護がありますように !』

発信時間 : 2016年10月15日11時24分          土曜日

南スーダンPKO中国部隊逃げた!?新組織つくった方がマシじゃないかと思うぜ 

南スーダンPKOの中国部隊....逃げちゃった !

南スーダンPKOの中国部隊….逃げちゃった !

ハ~イ! みなさん。

『 テキサス親父』トニー・マラーノ

『 テキサス親父』トニー・マラーノ

 俺は慰安婦問題への偏った反日姿勢だけでなく、さまざまな分野について、国連がいかに「無用の長物」であるかを訴え続けてきた。そのことを、国連自身が証明するようなニュースを聞いたぜ。

南スーダン大統領派と反政府側の衝突

南スーダン大統領派と反政府側の衝突

 南スーダンの首都ジュバで7月、大統領派と反政府側が衝突して、270人以上が死亡した。その際、国連平和維持活動(PKO)に従事していた部隊が、命からがらに逃げ出してきた一般市民の保護要請を無視したというんだ。米ワシントンDCに本部を置くNGO(非政府組織)の報告書を、AP通信などが伝えていた。

現在の南スーダン ! めちゃくちゃ ! めちゃくちゃ !

現在の南スーダン ! めちゃくちゃ ! めちゃくちゃ !

 中国から派遣された部隊に至っては、一般市民に対して催涙ガスを使用し、武器や弾薬をその場に放棄して逃げ出したという報道まであったぜ。ホントかよ。

共産中国の海賊ら

共産中国の海賊ら

 中国といえば、2015年の公表国防費は約1440億ドル(約14兆9050億円)で、軍事関連支出の総額は1800億ドル(約18兆6350億円)以上とみられている世界有数の軍事大国だ。最新の兵器をそろえ、東シナ海や南シナ海の周辺各国を恫喝(どうかつ)し、島や領海をわが物顔に盗み、日本を含むアジア地域の安全保障を脅かしている。

東や南シナ海で共産中国の「平和維持」部隊

東や南シナ海で共産中国の「平和維持」部隊

 中国人民解放軍といえば、チベットや新疆ウイグル、内モンゴル自治区などの人々を弾圧していると聞くが、南スーダンに派遣されたPKO部隊はどうなっているんだ。最新兵器は見せかけなのか。

現在チベットや新疆ウイグル、内モンゴル自治区「平和維持」の中国人民解放軍

現在チベットや新疆ウイグル、内モンゴル自治区「平和維持」の中国人民解放軍

現在チベットや新疆ウイグル、内モンゴル自治区「平和維持」の中国人民解放軍

平和維持」の中国人民解放軍

「平和維持」の中国人民解放軍

平和維持」の中国人民解放軍

「平和維持」の中国人民解放軍

平和維持」の中国人民解放軍 

一応、この件について、中国国防部の報道官が「事実と合致しない。悪意ある中傷だ」とコメントしていることは記しておきたい。

国連軍

国連軍

それにしても、無能な国連に対し、わが米国と日本が1、2位を争って分担金を出しているのだから、本当に情けないぜ。

こんな無能, 無意味な国連組織は早く解体しなければなりません !!!

こんな無能, 無意味な国連組織は早く解体しなければなりません !!!

中国やロシアなど、一部の常任理事国による拒否権も頭に来るな。こんな無意味な組織は早く解体して、米国や日本などの自由主義の先進国が集まって、新たな組織をつくった方がマシじゃないかと思うぜ。

類は類を呼ぶ = 烏合の衆, 火事場泥棒の中国やロシア

類は類を呼ぶ = 烏合の衆, 火事場泥棒の中国やロシア

稲田朋美防衛相が8日、南スーダンのPKOに参加している陸上自衛隊部隊の活動を視察したことが報じられていた。

♥♥♥ ♥♥♥ 稲田朋美防衛相♥♥♥♥♥♥

♥♥♥ ♥♥♥ 稲田朋美防衛相 ♥♥♥♥♥♥

 イラクでも、カンボジアでも、自衛隊の復興活動は高く評価されていた。自衛隊のような規律正しい部隊がしっかりと活動をしなければ、「平和維持」の名目で新たな被害者が生まれることになる。国際社会が日本に期待するのもうなずけるよな。

日本の自衛隊 !!!  頑張れ !!! 国際社会が日本に期待する !

日本の自衛隊 !!! 頑張れ !!!
国際社会が日本に期待する !

 親愛なるみなさんと、日本と米国に神のご加護がありますように。

 では、また会おう!…….( トニー・マラーノ 評論家 )

『日本と米国に神のご加護がありますように !』 日本人より日本人なアメリカ人『テキサス親父』ことトニー・マラーノ :

日本と米国に神のご加護がありますように !
日本人より日本人なアメリカ人『テキサス親父』ことトニー・マラーノ 

—終わり—

Share This Post

Recent Articles

Leave a Reply

© 2017 Sakura Jade House. All rights reserved