現代も残る日本の武士 栄華は昔

東京で行われた流鏑馬

 

 

 

 

 

 

大阪博物館で展示されている武士の面と兜

日本の武士

弓矢は初期の武士が最も好んだ武器だった。日本の伝統的な弓矢を製作している柴田勘十郎さん。柴田さんは京都で弓師名門の第21代の継承者である。

日光市で行われているある試合である。この流鏑馬は武士の軍事訓練の影響を受け、選手たちが馬に乗って急速に移動しながら標的を射抜く。

主人をもたない武士は浪人と呼ばれ、彼らは尺八を吹きながら乞食をして生活した。写真は浪人が乞食をしている様子を再現する東京虚無僧研究会のメンバー

長濱の曳山祭には、歌舞伎の演目が行われる。

芸者の舞踊は武士に禁止されていた娯楽活動だが、多くの武士がこの誘惑に抵抗できず、変装して通ったという。平和な時代に、武士は消防士と警察に変身した。写真はある京都消防庁の演習に参加する「武士」現代の武士。今、武士になる条件は、100ドルあまりを出して武士装備を借り、屋外に出て行く勇気があることである。

 

現代の武士。今、武士になる条件は、100ドルあまりを出して武士装備を借り、屋外に出て行く勇気があることである。

 

平和な時代に、武士は消防士と警察に変身した。写真はある京都消防庁の演習に参加する「武士」

 

 

 

Share This Post

Related Articles

Leave a Reply

© 2017 Sakura Jade House. All rights reserved