太平洋上での水爆実験....拍手 ! 拍手 !

「死」…..北朝鮮の高官ら :『殿っ ! この漢字って…どういう意味 ?』, 偉大なる指導者 :『さああ ! さっぱり わからん !』

発信時間 : 2017年10月27日12時24分          金曜日 正恩氏、「水爆」で世界恫喝  外相発言に北高官参戦「文字通りだ」 米は空母3隻展開も  北朝鮮の金正恩政権が今度は、「水爆実験」を掲げ、世界を恫喝した。 米メディアのインタビューに対し、北朝鮮の高官が、太平洋上での水爆実験の可能性に言及した李容浩(リ・ヨンホ)外相の発言を「文字通り受け取るべきだ」と語ったのだ。 対する米国は西太平洋に、新たに原子力空母1隻が入ったと発表し、3隻が同時展開することになった。米朝関係は日ごとに緊張感が高まっている。  《北朝鮮当局者 水爆の脅威「文字通り」》  米CNNテレビ(電子版)は25日、このような見出しの記事を掲載した。同テレビが平壌で北朝鮮の高官にインタビューしたところ、「北朝鮮はいつも言葉通りに行動している」と語った。 高官のいう「言葉」は、李外相の発言を指す。9月21日に金正恩朝鮮労働党委員長が米国に対し、「史上最高の超強硬対応措置の断行を慎重に考慮する」との非難声明を出した後、「超強硬対応措置」について李氏が米ニューヨークで、太平洋上での水爆実験との見方を示したのだ。 CNNのインタビューで、北朝鮮の高官は「外相は最高指導者の意向をとてもよく理解している。だから、彼の言葉は文字通り受け取るべきだ」と語った。  無法国家・北朝鮮に対し、米国は原子力空母で正恩政権にプレッシャーをかけている。米海軍第7艦隊司令部(神奈川県横須賀市)は25日、原子力空母「ニミッツ」を軸とする第11空母打撃群が同日に西太平洋に入ったと発表した。  原子力空母「セオドア・ルーズベルト」を中心とする第9空母打撃群も23日に西太平洋入りした。 米韓共同訓練に参加していた原子力空母「ロナルド・レーガン」と合わせ、西太平洋に米空母3隻が同時に展開することになる。  米朝間のせめぎ合いは一体どこまでエスカレートするのか。 マティス長官 軍事境界線を視察 ...
© 2017 Sakura Jade House. All rights reserved