終わり ! 終了 !

『殿っ! もう 終わりだ ! にげろっ!』….ハリス司令官 :『現在空母は指令が出れば、北朝鮮を攻撃できる射程内にいる !』

発信時間 : 2017年04月28日16時46分          金曜日 トランプ政権、米議会に北撃滅宣言 ! 近づく米空母に党機関紙こき下ろし「太って肥大した、ただの変態動物」 世界最強の米原子力空母「カール・ビンソン」を中心とする第1空母打撃群が、北朝鮮を攻撃できる海域に入った。 金正恩朝鮮労働党委員長が、世界の平和と安定を揺るがす「核実験」や「ICBM(大陸間弾道ミサイル)発射」を示唆するなか、力で暴発を阻止する構えだ。ドナルド・トランプ米政権は26日、ホワイトハウスに上下両院議員全員を招き、北朝鮮政策を説明した。軍事介入を見据えて、議会の承認を得る準備を始めた可能性が高い。緊迫する朝鮮半島。 中国人民解放軍だけでなく、ロシア軍も北朝鮮国境に集結したとの情報もある。  「北朝鮮の核・ミサイルの脅威は増大している」「すべての選択肢がテーブルの上にある」「空母『カール・ビンソン』は沖縄東方を北上している」「(命令があれば)2時間で北朝鮮を攻撃できる」  ハリー・ハリス米太平洋軍司令官は26日、下院軍事委員会の公聴会で、こう語った。最強空母「カール・ビンソン」は近く日本海に入る見通しで、日米韓は共同訓練を通じて即応態勢を誇示する構えだ。 米軍は同日、北朝鮮の弾道ミサイルに対処する最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の主要装備を、韓国南部・星州(ソンジュ)郡の配備先に搬入した。ハリス氏は「近く実戦運用が可能になる」と語った。  米海軍の戦略ミサイル原子力潜水艦「ミシガン」も25日、韓国南部・釜山(プサン)の海軍基地に入港している。同艦は全長約170メートルで、西側諸国が建造した最も巨大な潜水艦とされる。 国際テロ組織「アルカーイダ」の最高指導者、ウサマ・ビンラーディン容疑者を襲撃・殺害した米海軍特殊部隊「Navy SEALs」(ネービーシールズ)を乗せることができ、巡航ミサイル「トマホーク」を154発も搭載する。 通常、深海に潜行しているが、意図的に浮上して「いつでも狙えるぞ」と北朝鮮を恫喝(どうかつ)した可能性もある。  さらに、米カリフォルニア沿岸で26日、北朝鮮を射程に収めたICBM「ミニットマン3」の試験発射が行われた。約6800キロ飛行した。  北朝鮮は、朝鮮人民軍の創建85年の記念日「建軍節」にあたる25日…. 正恩氏が視察するなか、南東部・元山(ウォンサン)一帯で、長距離砲など300~400門を投入して過去最大規模の砲撃訓練を行った。 北朝鮮メディアは、正恩氏が「敵対勢力には、無慈悲な懲罰で応える砲兵戦力の洗礼はいかなるものかを示した」と語ったと伝えている。 米国や中国の「暴発阻止」のメッセージに対し、「ノー」を突き付けた可能性もある。朝鮮半島の緊張状態は高まったままだ。  こうしたなか、トランプ政権は26日、ホワイトハウスで上下両院の全議員を対象に北朝鮮政策を説明する異例の大規模会議(非公開)を開いた。  レックス・ティラーソン国務長官と、「狂犬」ことジェームズ・マティス国防長官らが《北朝鮮に核放棄を迫るため、経済制裁を強化して外交圧力を加えることで、対話を模索する》との基本方針を明らかにした。 だが、軍事的圧力を強めるなかでの、上下両院議員への説明は、「軍事介入に向けた準備」という観測もある。  米国の戦争権限法には、大統領が外国に派兵するときは48時間以内に議会に報告、議会の承認が得られなかった場合は60日以内に軍事行動を停止しなければならないという制約があるのだ。  トランプ政権が「斬首作戦」「限定空爆」など、北朝鮮への軍事介入のスケジュールを固めつつある証左なのか。  政権高官は同日、記者団に対し、北朝鮮を米独自の金融制裁の対象とする「テロ支援国家」への再指定を検討していると重ねて説明。北朝鮮の核実験や弾道ミサイル発射を常に警戒していると述べた。  「動く軍事基地」とも言われる米空母「カール・ビンソン」を中心とする第1空母打撃群の任務は、敵地を打撃=ストライクすることである。  空母には、戦闘攻撃機FA18「スーパーホーネット」や、早期警戒機E-2C「ホークアイ」….. 電子戦機EA-18G「グラウラー」など約90機を搭載する。その破壊力は絶対的だ。  朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は23日、「カール・ビンソン」について「太って肥大した、ただの変態動物」とこき下ろし、「一撃で水葬してしまう戦闘準備を整えた」「米国が少しでも動けば先制攻撃を行う」と強がった。  だが、軍事ジャーナリストの世良光弘氏は「北朝鮮がいくら強がろうと、今の彼らの海軍力では、米空母『カール・ビンソン』に傷すら付けられない。1週間で北朝鮮の重要拠点を破壊できる」と断言している。 —終わり—
韓国の大統領....今牢屋にいる

『韓国の外交姿勢の改善など期待できません !』…..『日本海』という呼称は譲りようがありません !!!

発信時間 : 2017年04月25日12時36分          火曜日 韓国、呼称「東海」に必死 「日本海」世界的に確立… 片山さつき氏「毅然として主張すべきだ」  韓国政府の「平和ボケ」「異常な反日」が、また明らかになった。 北朝鮮が25日の「建軍節」(朝鮮人民軍創建記念日)に合わせた軍事的挑発を示唆するなか、モナコで24日から開催される国際水路機関(IHO)総会に大代表団を派遣するのだ。国際的に確立した呼称「日本海」に対抗して、自国の「東海」を併記させる狙いだという。自民党政調会長代理を務める片山さつき参院議員はあきれ果てている。  「もともと、韓国はそのような国であり、いくら朝鮮半島危機でも、(外交姿勢の)改善など期待できません」  片山氏は言い切った。 韓国代表団は30人以上で、外交部や海軍、海洋水産部、国立海洋調査隊、東北アジア歴史財団からと多岐にわたる。最終目標は、IHO発行の海図集『大洋と海の境界線』への「東海」の単独記載だが、過渡的措置として「日本海」と「東海」の併記を目指しているという。 日本と「南朝鮮人」と「北朝鮮人」いかなる形式の合意、協力, ...
鳩山由紀夫の専門知識, 地面にひざまずく : 『ごめん !  ごめん ! 申し訳ございません !』

こいつの口は鶏のお尻のよう….ペラ ペラ ペラペラ, いつまでも止まらない ! (*´◡`*) !

発信時間 : 2017年04月24日16時20分          月曜日 鳩山由紀夫元首相“珍説”  「農業知らない妄言」「思いつきで薄っぺら」と批判殺到 鳩山由紀夫元首相(70)が「畑や水田の上にソーラーパネルを設置すると、作物を育てながら太陽光発電できる」「そのほうが作物がよく育つ。 一挙両得で ...
翁長売国奴が沖縄のメディアは異常なほど基地反対、反米を煽る。しかし、戦後のアメリカ統治は、「生活環境向上」「人口増」「平均寿命伸長」などあらゆる恩恵を沖縄にもたらした。それを忘れて、恨み言を言うなど笑止千万だ

沖縄うるま市….やったぞ ! 島袋俊夫氏の勝利 ! おめでとう ございます ! これが翁長売国奴知事の転覆を予告する !

発信時間 : 2017年04月24日11時48分          月曜日 沖縄県・沖縄うるま市長選 自民など推薦の現職当選 任期満了に伴う沖縄県うるま市長選挙は、自民党などが推薦する現職が、翁長・沖縄県知事が支援する候補を破り、3回目の当選を果たした。  島袋俊夫氏「これからの(市民の)期待と夢を必ず実現してみせます」  23日に行われたうるま市長選挙では、自民党や公明党が推薦する現職の島袋俊夫氏(64)が、翁長・沖縄県知事が支援する山内末子氏を破って3回目の当選を果たした。自民党は、来年の沖縄県知事選に向け弾みを付けた格好。  一方、翁長知事は宮古島市と浦添市に続き、市長選で支援した候補が3連敗するかたちになった。 求心力の低下は避けられず、今後、普天間基地の移設問題にも影響が出る可能性がある。 基地の街、沖縄・嘉手納…静けさの中、米兵に緊張感「大統領の決断に注目するよ」 沖縄本島中部にある嘉手納基地(嘉手納町など)は約3700メートルの滑走路を2本備えた極東最大の米空軍基地だ。 北朝鮮が25日の朝鮮人民軍創建記念日に合わせ核実験や弾道ミサイル発射の軍事挑発に出る可能性があり….. 基地とそこで任務にあたる米兵は静けさの中に緊張感を漂わせている。 —終わり—
青森県の弘前城

♪♪♪ お岩木山のてっぺんを、綿みてえな白い雲が、ポッカリポッカリ ながれてゆき、桃の花が咲き、桜が咲き ♪♪♪…..美空ひばり

発信時間 : 2017年04月14日12時26分          金曜日 満開の桜 熊本城で特別公開 熊本地震のあと、立ち入り禁止となっていた熊本城の行幸坂が特別開放され、満開の桜を見ようと、多くの花見客でにぎわった。 桜の名所として知られる熊本城の行幸坂は、地震の復旧工事のため、立ち入りを禁止されているが、花見の時期に合わせて期間限定で特別に開放された。 花見客は、「素晴らしいですね。お城も間近に見えてね」、「うれしいような、お城がかわいそうなような、そういう気持ちですね、いつもと違います」などと話した。 ...
59発の巡航ミサイルを撃ち込んだ

北朝鮮が第6回目の核実験を強行した場合……破滅 ! 豚金の「斬首作戦」中国も黙認する !!!

発信時間 : 2017年04月12日18時50分          水曜日 米軍、北・シリア殲滅全容 化学兵器で連携した悪の枢軸…  北「核強行」なら破滅 ...
一方....「偉大なる指導者」:『 こらっ ! 敵のステルス爆撃機とステルス戦闘機は....どこ ?』
将軍ら:『殿っ ! 見えないよ ! ステルスだから....』
最近よく眠れない毎日もびびっているの「偉大なる指導者」

竜の髭を撫で虎の尾を踏むの「偉大なる指導者」……お馬鹿さんの「豚金」!

発信時間 : 2017年04月03日09時48分          月曜日 北を「許さない」トランプ政権幹部が警告… 無謀な核・ミサイル実験に怒り 正男氏暗殺、遺体返還で真相究明困難に  北朝鮮の国家的危機が高まってきた。金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏の遺体をマレーシアから返還させて、北朝鮮は“外交的勝利”を得たとの見方もあるが、ドナルド・トランプ米政権は甘くはない。 正恩氏が無謀な核・ミサイル実験を続ければ、世界最強の軍事力で粉砕することもありそうだ。  「 ...
© 2017 Sakura Jade House. All rights reserved