街頭演説で、こう強調した。文春報道を意識したことは明らかだが、ジャーナリストとして、自らを直撃した「女子大生淫行疑惑」疑惑について、有権者に説明責任を果たすことはなかった !!!

鳥越氏側は :『事実無根だ !』, 名誉毀損罪で、文春側を刑事告訴した….(^_^)〜♪

発信時間 : 2016年07月24日15時44分          日曜日 鳥越氏“反撃”も舛添氏の二の舞い? もし当選しても疑惑徹底追及か   大乱戦の東京都知事選(31日投開票)は後半戦に突入した。民進党や共産党の推薦を受けるジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)は、週刊文春が報じた「女子大生淫行疑惑」のマイナスイメージを払拭するため、野党幹部揃い踏みで応援を得るなどして反転攻勢に出た。 ただ、鳥越氏が都知事になった場合、「舛添要一前知事の二の舞いになりかねない」との見方がある。疑惑について、都議会で徹底追及を受ける可能性が高いためだ。  「私は真実と事実を、しっかり見極めて正義を貫いていく」「(都政に)反安倍の政権を立てる。反安倍の旗を立てる!」  鳥越氏は22日夕、東京・有楽町のイトシア前での街頭演説で、こう強調した。文春報道を意識したことは明らかだが、ジャーナリストとして、自らを直撃した疑惑について、有権者に説明責任を果たすことはなかった。  イトシア前には江戸時代、「大岡越前」で知られる南町奉行所があった。具体的証拠も示さず「真実」「事実」「正義」などと語っても、お奉行様は決して、「これにて、一件落着!」とは言わないだろう。  注目の応援演説には、民進党の枝野幸男幹事長や、共産党の志位和夫委員長、社民党の又市征治幹事長、生活の党と山本太郎となかまたちの小沢一郎代表、それに地域政党の東京生活者ネットワーク、西崎光子代表という、野党5党幹部が駆け付けた。 鳥越陣営は当初、無党派層を取り込もうと、「政党色」を薄めようとしていたが、「文春砲」の第2弾も指摘されるなか、野党の組織力を総動員して反撃に打って出るつもりのようだ。  だが、鳥越氏が都知事に当選しても、さまざまな混乱が予想される。  まず、都議会で「淫行疑惑」が取り上げられる可能性が高い。  鳥越氏側は「事実無根だ」として、公選法違反罪(選挙妨害)や名誉毀損罪で、文春側を刑事告訴したが、都議会は自民、公明の両会派が過半数以上を占めている。「知事野党」となった両会派を中心に、鳥越氏が1300万都民のトップとしてふさわしいかどうか、2020年東京五輪のホスト役として適任かどうか、確認するのは当然といえる。 ある都議は「文春があれだけ報じている以上、鳥越氏が知事になれば、都議会でも取り上げざるを得ない」と語る。  都議会の代表質問や一般質問だけでなく、猪瀬直樹元知事や、舛添要一前知事を辞任に追い込んだ、「一問一答」形式の総務委員会が注目される。 文春が報じた、鳥越氏と女子大生の富士山麓の別荘での出来事について、厳しい追及が行われそうだ。  鳥越氏は疑惑について、「弁護士に一任したので、それ以上のことは言うつもりはありません」と繰り返している。これは、舛添氏が記者会見などで「政治資金に精通した弁護士に調査を依頼している」として、「政治とカネ」の疑惑について、説明を避けたのとよく似ている。 このため、インターネット上では、「既視感?」「舛添氏と一緒か」「自己弁護のための方便」「二の舞いだ」といった感想が飛び交っている。  「鳥越知事」には、革新都政の再現も懸念される。  東京では、マルクス経済学者として知られた大学教授、美濃部亮吉氏が1967年、社会党と共産党の推薦を受けて出馬して初当選し、79年まで都知事を3期務めた。  美濃部氏は都民に人気はあったが、東京外環道の建設をストップさせて、後に「都内の交通渋滞を激化させた」として批判された。都庁の人件費は増大し、都の財政を悪化させて、膨大な赤字を招いたことでも有名だ。  自民党のベテラン都議は「鳥越知事が誕生すれば、事実上、都庁に赤旗が立つことになる。共産党が都政に関われば、あらゆる施策が見直され、混乱は必至だ。鳥越氏は『がん健診受診率100%実現』を公約に掲げているが、一体どれだけ莫大な予算がかかるのか」と語る。  ともかく、鳥越氏が都知事選を継続する以上、疑惑と政策について、説明責任を果たすことが求められる。 —終わり—
共産中国の同志らも応援に来た :『和夫同志 ! 頑張れ ! 日本を倒せ !』

「共産党」, 「資産隠し党」, 「牛步党」! Wow ! 信じられない空前絶後の烏合の衆 ! ワハハハ !

発信時間 : 2016年07月07日08時46分          木曜日 // b?1:0};var da=Array.prototype.indexOf?function(a,b,c){return ...
“オンナの戦い”,「命運」背負ったの女性候補

96人の女性が立候補した東京と大阪の選挙戦……二大都市の“オンナの戦い”に迫った !

発信時間 : 2016年07月06日18時12分          水曜日 東京&大阪“オンナの戦い”,「命運」背負った女性候補たちが激しい火花  2016年参院選(10日投開票)には、96人の女性が立候補した。中でも、東京選挙区(改選数6)と大阪選挙区(同4)では、与野党各党の「命運」を背負った女性候補が激しい火花を散らしている。 官民ともに「女性の活躍推進」が叫ばれているが,彼女たちは有権者の支持を集めて勝ち上がれるのか。二大都市の“オンナの戦い”に迫った。  「やらなければならないことは何か。子供を育てることだ。働いている人たちが、生活が確かなものだと実感できることだ。人生の先輩方に、医療や介護などの不安を感じさせないようにすることだ」  民進党の蓮舫代表代行は6月28日、神戸市の神戸国際会館前で、力強くこう訴えた。同党屈指の人気議員だけに、自身の東京選挙区ではなく、連日、全国各地を応援のため飛び回っている。  メディアの注目度が高い東京選挙区には31人が立候補しているが、うち7人が女性候補だ。東京は浮動票が多いうえ、就職や転勤などで有権者が短期間で入れ替わる。各党とも「女性候補の方がアピールしやすい」と考えている面もある。  主要政党では、蓮舫氏のほか、公明党が公認会計士で元財務政務官の竹谷とし子氏、社民党が映画監督の増山麗奈氏、日本のこころを大切にする党が経営コンサルタントの鈴木麻理子氏、新党改革が女優の高樹沙耶氏を擁立している。いずれも、各党を代表する才女といえる。 参院選序盤の情勢はどうなのか。  政治評論家の浅川博忠氏は「蓮舫氏と竹谷氏は『当確』だ。蓮舫氏はタレント的人気で浮動票を集めている。 一時、都知事選候補として注目され、『私がやりたいのは国政』と明言し、有権者に自身の存在を再認識させた。民進党の数少ないスターだ。竹谷氏は組織力で戦う。公明党・創価学会としては、党本部もある首都の議席死守は絶対条件だ」という。 続けて、「増山氏は『護憲』や『脱原発』を訴えているようだが、社民党自体に勢いがなく、中央政界で衰退している。日本のこころの鈴木氏は一部で『相当な美人だ』と話題になっていると聞くが、変更した党名がまだ浸透していない。新党改革の高樹氏は女優としては有名だ。ただ、同党はかつて舛添要一前都知事が代表を務めていた政党だけにイメージが悪い。3人とも厳しい戦いだろう」と分析した。  一方、大阪選挙区には9人が立候補しているが、うち4人が女性候補だ。主要政党では、自民党が元外務官僚で初代・女性参画推進室長を務めた松川るい氏、おおさか維新の会が元堺市議の高木佳保里氏、共産党が党府委員の渡部結(ゆい)氏を擁立した。  松川氏は「先輩方の暮らしを守る。未来の子供たちにバトンタッチできる日本をつなぐ。大阪をよくする。日本をよくする仕事をぜひ、やらせてほしい」と訴えている。  最新情勢はどうか。  選挙プランナーの三浦博史氏は「松川氏は(外務省時代の華やかな経歴と自民党の組織力があり)トップ当選の勢いだ。おおさか維新と公明党の男性候補が2位争いをしており、注目は4位争い。これまで、高木氏と渡部氏、民進党の男性候補が横並びの状態だったが、ここにきて高木氏が伸びている。当選圏内に入りそうだ」という。 同選挙区で、おおさか維新は候補者2人を擁立した。票の奪い合いになるとの見方もあったが、三浦氏は否定的だ。  「維新は安全保障政策に代表されるように男性色が強い政党。高木氏を擁立したことで、女性票の上積みが可能になった。維新の2人は足りない部分を補い合ういわば補完関係で、票の奪い合いにはならないだろう」  二大都市の女性候補は、独身もいれば、ワーキングマザーもいる。それぞれの魅力を発揮して、有権者にアピールしている。最後の最後まで、オンナの戦いから目が離せそうにない。  —終わり—
自衛隊 ! 頑張れ !!!
東日本大震災以降、国民の自衛隊への信頼は確実に高まっている !

相変わらず…..被災者の命を助けてくれたのは、♥♥♥ 自衛隊 ♥♥♥の皆さんだ !!! 共産党馬鹿の藤野保史とんでもないの「暴言」! 許さない !

発信時間 : 2016年07月01日13時50分          金曜日 英EU離脱は自民に追い風 共産「暴言」は野党に逆風 浅川博忠氏参院選分析  与野党激突の参院選(7月10日投開票)が過熱するなか、英国の欧州連合(EU)離脱という衝撃的ニュースが飛び込んできた。日本経済へのダメージが懸念されているが、選挙戦にはどんな影響を与えるのか。政治評論家の浅川博忠氏が政党別の獲得議席を分析・予測したところ、野党によるアベノミクス批判は不発ぎみで、逆に有権者は安定した安倍晋三政権の継続を望み、自民党がさらに議席を伸ばすという結果が出た。共産党幹部の「暴言」も与党優位に拍車をかけているという。  英国のEU離脱問題が、与党の優位を決定付けそうだ。浅川氏が最新のデータをもとに分析したところ、自民党に追い風が吹いており、改選議席(121)の過半数を確保することが明らかになった。  注目の獲得議席予測は別表の通りだ。浅川氏は昨年12月、今年2月、5月、公示日の6月22日にも予測を行っている。  自民党は、浅川氏が22日に予測した60議席から2議席増やし、62議席に達した。一方、民進党が27議席、共産党が11議席となり、それぞれ公示時点よりも1議席ずつ減らした。  なぜ、こういう結果になるのか。  浅川氏は「英国のEU離脱を受けて、野党はここぞとばかりに、『為替や株価に依存した経済(政策)ではダメだ』(民進党の枝野幸男幹事長)、『アベノミクスは破綻した』(共産党の小池晃書記局長)などと批判しているが、有権者には、ほとんど響いていない。 それは、野党にアベノミクスに代わる経済政策がないことを知っているからだ。むしろ、こういう不安定な国際情勢だからこそ、安定した政権与党の継続を望んでいる。野党の政権批判は空回り気味で、与党が不利になっているという状況ではない」と指摘した。  選挙中とはいえ、安倍政権の反応の早さも功を奏したようだ。 24日昼ごろ、英国のEU離脱が明らかになり、株価は大きく下落した。政府は同日午後、関係閣僚会議を開き、「必要なのは国際協調だ」(安倍首相)との姿勢を示した。自民党も同日夜、稲田朋美政調会長を本部長として緊急特別本部を設置した。緊急時の初動対応としては“基本動作”といえそうだ。  経済対策にも気を配っている。  安倍首相は前出の関係閣僚会議で、「世界経済の成長と金融市場の安定に万全を期す」といい、大型の2016年度第2次補正予算案を成立させる方針を示した。 さらに、首相に近い下村博文総裁特別補佐が27日夜のテレビ番組で、注目の規模について「10兆円超」と語ったのだ。  円高の加速で日本の製造業が2兆円の減益に陥るとの予想が流れるなか、不安を最小限に抑えようと努力していることが伝わってくる。  野党の「敵失・自爆」も大きい。  共産党の藤野保史政策委員長が26日のNHK番組で、「防衛費=人を殺すための予算」と発言したことも、与党の追い風となっている。藤野氏は28日夜、発言の誤りを認めて引責辞任した。 与党側は藤野発言を問題視し、攻め口とする。  「とんでもない話だ。熊本地震で被災者の命を助けてくれたのは、自衛隊の皆さんだ ...
あたし....『温泉が大好きです ! 』

あたし…….『温泉が大好きです ! 』….(*´◡`*) !

発信時間 : 2016年06月21日06時20分          火曜日 先週, 他社から招待状を貰った ! 同時に同僚 ...
「...............来る者拒まず」! ♥♥♥  蓮舫氏♥♥♥  vs丸川氏

いよいよ…..面白い, 待ちわびるの都知事選も始まるぞ !!!! (*´◡`*) !

発信時間 : 2016年06月17日20時28分          金曜日 蓮舫氏vs丸川氏の激突はあるのか “ポスト舛添都知事は”だれだ? 東京都の舛添要一知事(67)の辞職決定を受け、与野党は後継候補選びを加速させている。都知事が2代連続、「政治とカネ」の問題で交代する恥ずべき事態を招いたため、クリーンな女性候補や堅実な官僚出身者を模索する動きがある。 知名度が高い民進党の蓮舫代表代行が出馬を検討するなか、自民、公明与党は「東大卒の美人刺客」の擁立も模索している。こうしたなか、安倍晋三首相が電話で舛添氏に引導を渡したという注目報道が流れた.「自民党で自ら出すというレベルでない」  東京選出の萩生田光一官房副長官は15日の記者会見で、こう語った。だが、都議会最大会派の自民党が「ポスト舛添」選びを傍観しているわけにはいかない。  現時点で、国会議員では、クールビスの生みの親である小池百合子元防衛相や、都連会長の石原伸晃経済再生担当相の動向が注目されているが、ここに来て、丸川珠代環境相の名前が急浮上した。 東大経済学部卒、元テレビ朝日アナウンサーという才女で、国会答弁にも安定感がある。  また、2020年東京五輪の「顔」になるとして、スポーツ庁の鈴木大地長官や、外務省の斎木尚子国際法局長らの名前も取り沙汰されている。 人気アイドルグループ「嵐」の櫻井翔の父親で、17日付で総務事務次官を退く桜井俊氏に期待する声もある。桜井氏は15日、「出るつもりはない」と語ったが、知名度は急速に上がっており、可能性はゼロではなさそうだ。 一方、民進党東京都連は15日、「都政を刷新し、クリーンな知事を民進党が主導的につくる」という方針を確認した。  蓮舫氏が大本命だが、次期参院選(22日公示、7月10日投開票)に東京選挙区から出馬予定のため、秘策も検討されているという。  「蓮舫氏が選挙区で当選後に都知事選に出馬すれば、民進党の議席が減る。このため、参院選比例代表で出馬させて議席を確保したうえで、『7月14日告示、7月31日投開票』か『7月21日告示、8月7日投開票』とされる都知事選に出馬させる。比例ならば、同党の次点が繰り上げ当選となる」(民進党関係者)  共産党の志位和夫委員長は、民進、共産、社民、生活の4野党の共闘を目指す考えを示している。「民共連携」で蓮舫氏を担げば、強力候補になりそうだ。  このほか、「与野党相乗り」が可能な候補として、民進党の長島昭久元防衛副大臣の存在も注目されている。  都庁退場が決まった舛添氏について、驚くべき報道があった。  日経新聞は16日朝刊に「舛添氏説得 首相が引導」との見出しで、安倍首相が15日朝、電話で辞職を渋る舛添氏に対し、「いま退けばまだ再起の芽はあるかもしれないから」と語気を強めて説得したと報じたのだ。 前代未聞の醜態をさらした舛添氏の再起は難しそうだが、当面の生活費になる退職金約2200万円は支給される —終わり—
舛添要一の前世

やっと辞職した !!! めでたい ! めでたい !

発信時間 : 2016年06月15日12時36分          水曜日 めでたい  ! めでたい ! 舛添要一知事(67)は15日午前、都の行政を停滞させた責任を取って、都議会議長に辞職願を提出した。 東京都の舛添要一知事は15日午前、政治資金流用をはじめとする公私混同問題の責任を取り、辞職する意向を固めた ...
舛添氏を支えてきた与党の自民党 :『舛添氏の辞職は不可避の情勢だ !』

『都民に対して仕事をしないと死んでも死にきれない ! 』……(⌒‐⌒) ! (⌒‐⌒) ! (⌒‐⌒) !

発信時間 : 2016年06月14日15時00分          火曜日 舛添氏は10日の記者会見で「もう一度チャンスをもらいたい ...
巨人戦を観戦した

『深く反省している ! 生まれ変わった気持ちで、これから粉骨砕身, 都政の運営に努めてまいりたい !』….爆笑 ! 爆笑 !

発信時間 : 2016年06月10日12時34分          金曜日 舛添都知事、姑息な延命策 “文春砲”は新疑惑「公用車でG戦&N響第九」 東京都の舛添要一知事(67)が、自身の給与減額で延命しようとしている。8日の都議会終了後、議会側に給与減額の意向を伝えたが、この程度のごまかしで都民が納得するわけがない。夕刊フジ既報通り、都議会総務委員会は9日の理事会で一問一答方式の集中審議開催を決定した。 そんな中、9日発売の週刊文春が公用車でのクラシック鑑賞や巨人戦観戦など私的利用疑惑を報じた。逃げ切りは絶対に許されない。  8日に行われた都議会一般質問は15人が質問し、全員が舛添氏の疑惑を追及した。自民党から「早急に結論を出してもらいたい。政治家なら出処進退だ」(木村基成氏)という厳しい言葉が出たほか、公明党からも「いかなる理由で知事にとどまろうとするのか」(公明党の斉藤泰宏氏)などと進退を問う声が相次いだ。頼みの綱である自民、公明両会派からも見放されているのが実態といえる。  だが、舛添氏は相も変わらず「地道に都民や議会の理解を得たい」と繰り返すだけだった。しかも、一般質問終了後には、混乱を招いた責任を取り、舛添氏が自らの給与を50%減額するという苦し紛れの提案を都議会側に行ったという。  そもそも、舛添氏の「政治とカネ」の問題は、人間としての「卑しさ」が根底にあり、政治家としての資質が問われているわけで、金を返せば済む話ではない。何を勘違いしているのか。 給与は月額145万6000円で、6月1日には約380万円の夏のボーナス支給が確定したばかりだ。年収ベースでは約2900万円に達するため、月額給与を減らしても、1000万円以上の報酬はちゃっかり手にする計算だ。まさに姑息(こそく)としか言いようがない。 舛添氏は、15日の閉会日までに改正条例案を提案するとのことだが、各会派の反発は必至で、辞職要求がヒートアップする可能性が高い。  新たな疑惑も舛添氏をさらに追い詰めそうだ。9日発売の週刊文春は、舛添氏が昨年12月、東京都渋谷区のNHKホールで開かれたNHK交響楽団(N響)の「第九」演奏会に妻同伴で公用車で訪れたという都庁関係者の証言を報じた。 また、昨年、計3回にわたって公用車を使い、家族で東京ドームでの巨人戦を観戦した疑惑もある。  総務委員会の集中審議は早ければ13日に行われる見通しで、どんな「言い訳」を繰り出すのか注目される。 —終わり—
都議「被災地訪問を再三要請したのに『時間が取れない ! 』
ひまがないね ! でもさ...毎週末も湯河原で温泉を楽しんでいた

ロック歌手内田裕也さん :『前代未聞のことをやっている。選挙民をなめている ! 俺だったら辞める ! 』

発信時間 : 2016年06月08日20時10分          水曜日 居座り舛添氏に不信任案 野党会派が提出の動き 大甘調査に都民の怒り沸騰 東京都の舛添要一知事(67)の続投表明に、都民の怒りが沸騰している。「政治とカネ」の疑惑に関する弁護士の調査結果で、計約440万円にものぼる「不適切な支出」を指摘されながら、「違法とはいえない」というお墨付きを得たことで、居座りを決め込んだのだ。 都議会は7日以降、代表質問や一般質問などで舛添氏を追及するが、野党陣営では「不信任決議案可決で辞職させるしかない」との声が強まっている。  これほど腹立たしく、納得できない記者会見は前代未聞だろう。  舛添氏は6日午後、都庁で記者会見を開き、自身の政治資金流用疑惑に対する、元東京地検特捜部副部長である佐々木善三弁護士と、東京地検刑事部出身の森本哲也弁護士による調査報告書を公表した。  2人の弁護士は60ページを超える調査報告書をもとに、千葉県や栃木県の温泉施設などの宿泊費、東京都港区の中華料理店や大阪市のレストランなどの飲食費、竹久夢二の版画などの美術品代など、計約440万円は私的な利用の疑いがあり「不適切な支出」と指摘した。  ただ、政治資金規正法は「ザル法」といわれ、収支報告書の記載に虚偽がなければ罪には問われない。このため、両弁護士は「違法とは言えない」とも繰り返した。  舛添氏は調査結果を受け、「極めて恥ずかしい行動をしてきたことを反省したい」といい、ケジメとして、(1)不適切な宿泊、飲食費計約114万円は慈善団体などに寄付(2)美術品は病院や福祉施設で活用(3)神奈川県湯河原町の別荘売却-を表明した。そのうえで、「汗顔の至り」「粉骨砕身、都政運営に努めたい」と、続投する意向を表明した。 問題の所在を、まったく理解していない。舛添氏が問われているのは、政治家としての「資質」である。東大法学部を首席で卒業し、政治資金規正法を熟知しながら、品性下劣ともいえる「公私混同」を繰り返してきた人物が、首都のリーダーにふさわしいか否かなのだ。  そもそも、湯河原の別荘を売却して現金化することが、どうしてケジメになるのか。購入額より売却額が上回る可能性もある。  弁護士の調査にも疑問がある。  2013年と14年の正月、千葉県の温泉施設で会議したという出版社社長について、弁護士は一切ヒアリングをしていない。この点について、記者が会見で疑問を投げかけると、弁護士は「あなたは事実認定という言葉を知らない」などと語気を強めた。  舛添氏は11年3月、中国・上海でシルクの男性用中国服2着(計約3万5000円)を政治資金で購入した。この件について、弁護士は「(知事の『書道の際に着用すると筆がスムーズになる』との)説明は具体的で説得力がある」と語っている。本気なのか。  今回の調査結果について、おおさか維新の会傘下の「東京維新の会」代表の柳ケ瀬裕文都議は「舛添氏の言っていることが、正しいという前提に基づいた報告書だ。こんなものは調査でも何でもない。このままズルズルと引き延ばして延命を図ろうとしているのがミエミエだ」と語った。 大手検索サイト「ヤフー」が会見直後から始めた意識調査によると、7日午前8時50分時点で、舛添氏の説明に「納得できなかった」が96・6%(6万9327票)に上り、「納得した」はたった1・9%(1381票)だった。  舛添氏は居座りを決め込んでいるが、辞職に追い込む方法はある。有権者の署名による解職請求(リコール)か、都議会による不信任決議案の可決だ。  1090万人以上の有権者を抱える東京都の場合、リコールには約147万人の署名が必要となるなどハードルは高い。となれば、不信任決議案の可決しかない。  可決には都議の3分の2以上が本会議に出席し、4分の3以上の賛成がなければならない。なお、可決された場合、10日以内に舛添氏が議会を解散しなければ辞職することになる。  実は、一部の野党会派から、15日の都議会閉会日までの不信任案提出を求める声が高まっている。不信任案が本会議に上程されれば、当然ながら賛成討論と反対討論が行われる。  都議は現在123人で、このうち自民党(56人)、公明党(23人)が過半数を占めている。両会派の賛同がなければ不信任案の可決は絶望的だが、報道各社の世論調査で約8割が「舛添氏は辞職すべきだ」と答えるなか、舛添氏を擁護する会派があるのか。  自民党都議の1人は「舛添氏をかばうのはもう限界だ。都民の苦情は日増しに増えている。自民党内の空気もかなり変わってきた。われわれは、早急に舛添氏と決別しないといけないのではないか」と明かした。 —終わり—
© 2017 Sakura Jade House. All rights reserved