あたし大好きのマレーシアトップの中国語新聞紙 = 星洲日報

「 テロ支援国家」の「厭わしい人物」= 北朝鮮の大使と労働者ら……みんな, 出て行け !

発信時間 : 2017年03月06日09時44分          月曜日 マレーシアと北朝鮮、亀裂決定的 北大使追放、正男氏暗殺捜査批判に“報復”  【クアラルンプール=吉村英輝】北朝鮮の金正男氏殺害事件で、マレーシア外務省は4日夜、姜哲(カン・チョル)駐マレーシア北朝鮮大使を「ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)」と宣言し、国外追放すると発表した。 6日午後6時(日本時間同7時)までの出国を求めている。北朝鮮側が現地警察の捜査への批判を続けていることにマレーシア政府が反発を強め、報復措置をとったとみられる。  外務省によると、マレーシア政府は2月28日、捜査を批判し、協力姿勢を示さない北朝鮮側に、「書面での謝罪」を要求。北朝鮮側から返事がないため、3月4日午後6時までに姜大使を外務省に呼び出したが応じなかったため、48時間後までの国外追放を決めた。  マレーシア紙、星洲日報(電子版)によると、外務省は北朝鮮大使館側に対し、すでに国外追放について正式通告した。  アニファ外相は4日、「マレーシア政府は自国へのいかなる侮辱に対しても、厳しい対応をとる」と述べた。  2月13日の事件後、北朝鮮は捜査への批判を繰り返し、20日には姜大使が「マレーシアは北朝鮮の名声を汚している」と主張していた。マレーシアのザヒド副首相兼内相は….. 北朝鮮との外交関係の再検討に向けた報告のとりまとめを指示。在北朝鮮マレーシア大使館の閉鎖も検討されていた。 また、マレーシアから国外追放処分となった北朝鮮国籍のリ・ジョンチョル氏(46)が、経由地の北京で4日、マレーシア警察の「不当捜査」を非難していた。 マレーシアは今回、北朝鮮が駐在させる外交団トップである大使にもっとも重い国外追放の処分を下し、両国関係の亀裂は決定的になった。 事件の捜査に協力しない北朝鮮側に圧力をかける狙いもあるものとみられる。 「国外追放」北大使、まもなく出国……まもなく退去期限となる, 時間です ...
合同演習「キー・リゾルブ」....韓半島有事に米兵力69万人投入…キーリゾルブと北朝鮮の狙い ...

「悪魔ばらい」=「正恩氏排除」…正恩氏の葬儀も, 米空母「カール・ビンソン」から マレーシアのマラッカ海峡で水葬する予定です

発信時間 : 2017年03月02日18時42分          木曜日 軍事演習は史上最大規模、米空母出撃で正恩氏射程 中国と『黙認』事前協議… 米軍特殊部隊「斬首作戦」決断も  史上最大規模となる米韓合同軍事演習が1日始まった。金正恩朝鮮労働党委員長率いる北朝鮮の核や弾道ミサイルの開発をけん制し、挑発には強力な報復を行うと警告する姿勢を示す。正恩氏の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏殺害事件などを受け、朝鮮半島情勢は緊迫している。 北朝鮮が新たな挑発行為に出た場合、ドナルド・トランプ米大統領がアジアと世界の平和と安定を守るため、正恩氏を排除する米軍特殊部隊主導の「斬首作戦」を決断することもありそうだ。  「北朝鮮の挑発で韓半島の緊張が頂点に達する場合、米核空母が西海(黄海)に進入する可能性も排除できない」  韓国・中央日報(日本語版)は先週、米韓合同軍事演習に関連して、国防大学教授のこんなコメントを掲載した。北朝鮮の首都、平壌(ピョンヤン)は朝鮮半島の北西部にある。 確かに、世界最強の米原子力空母が黄海に入れば、正恩氏に逃げ場はなくなる。  米韓両軍は1日、韓国と周辺海域で合同野外機動訓練「フォールイーグル」を開始した。米韓の大規模軍事演習は、「強い米軍の復活」を掲げるトランプ米政権発足後初めてとなる。4月下旬まで続ける。  昨年は、米軍約1万5000人、韓国軍約29万人が参加した。米韓関係筋は「過去最大規模だった昨年を上回る」と語る。13日からは、朝鮮半島有事の際の米軍の増援や指揮態勢を点検する合同演習「キー・リゾルブ」も開始される。 韓国メディアは、米原子力空母「カール・ビンソン」や、イージス艦、原子力潜水艦を含めた空母打撃群が参加予定と報じている。  加えて、超音速で敵地に侵入する米戦略爆撃機B1B「ランサー」や、「死の鳥」の異名を持つ同B52「ストラトフォートレス」….. 空飛ぶ円盤のような形状をしたステルス爆撃機B2「スピリット」….. 米軍が誇るステルス戦闘機F22「ラプター」などが、朝鮮半島に飛来するようだ。  昨年の演習では、北朝鮮首脳部、つまり正恩氏の暗殺を意味する「斬首作戦」の訓練が初めて行われ、米陸軍の特殊部隊「グリーンベレー」や….. 米海軍の特殊部隊「ネービー・シールズ」….. 韓国の陸軍特殊部隊が参加した。 今回も同様の訓練が行われるとみられるが、北朝鮮の暴走もあって、緊張度は高まっている。  北朝鮮は、日米首脳会談(2月10日)をけん制するように新型中距離弾道ミサイルを日本海に発射した(同12日)。 北朝鮮の国家的関与が疑われる正男氏殺害事件(同13日)では、化学兵器禁止条約で製造・保有が禁止されている猛毒の神経剤VXが使用された。  今回の米韓合同軍事演習をどう見るべきか。  米軍や米情報当局に精通するジャーナリストの加賀孝英氏は「トランプ氏が大統領に就任したことで米国は変わった。今回は単なる軍事演習ではない」といい、続けた。 「 ...
「核大国」の李東日氏 :『 リ・ジョンチョル容疑者を無条件で釈放すべき !....遺体も北朝鮮に返せ !』...Wow !

「核大国」の李東日氏 :『 リ・ジョンチョル容疑者を無条件で釈放すべき ! 正男氏の遺体も北朝鮮に返せ !』…Wow !

発信時間 : 2017年03月01日20時12分          水曜日 正男氏殺害 北朝鮮の代表団がマレーシア入り 北朝鮮の金正男氏が殺害された事件で、北朝鮮の代表団は28日、遺体の取り扱いなどの協議のため、マレーシア入りした。 北朝鮮前国連次席大使の李東日氏は「政府代表の訪問の目的は、人道問題を解決することだ」と述べた。 北朝鮮の金正男氏が殺害された事件をめぐり、北朝鮮とマレーシアの関係が悪化する中、28日、クアラルンプールにある北朝鮮大使館で、北朝鮮の前国連次席大使が取材に応じ、マレーシア側と協議するため、北朝鮮の代表団が現地入りしたことを明らかにした。 協議では、遺体の引き渡しや、北朝鮮籍のリ・ジョンチョル容疑者の釈放をあらためて求めるほか、悪化した外交関係についても話し合うという。 一方、マレーシアの司法長官は、実行犯の女2人を3月1日、殺人の罪で起訴する方針を明らかにした。 インドネシア国籍のシティ・アイシャ容疑者は、接見した大使館員に、正男氏の顔に塗った液体について、「ベビーオイルだと思った」と話すなど、2人は殺意を否定している。 正男氏殺害の罪で女2人起訴 金正男氏殺害の罪で起訴された。 北朝鮮の金正男氏が殺害された事件で、ベトナム人のドアン・ティ・フオン容疑者と、インドネシア人のシティ・アイシャ容疑者は1日、金正男氏の顔に猛毒のVXを塗り付けて殺害した、殺人の罪で起訴された。 2人はこれまで、「いたずらビデオへの出演だと思った」 ...
沖縄県の「多良間の豊年祭」毎年、旧暦8月8日~10日の3日間に開催され、五穀豊穣を祈願し多良間島の貴重な民俗踊り・古典踊り・組踊。

2017年度以降, 「国連教育科学文化機関」へ順次に提案していくの日本の無形文化遺産

発信時間 : 2017年02月26日18時18分          日曜日 無形文化遺産に優先提案の5件を決定 香川県の「綾子踊(あやこおどり)」 ...
「韓国社会の北朝鮮的体質化」への道
♪♪♪ " Make North Korea Great again ! "♪♪♪....ワハハハ !

「韓国社会の北朝鮮的体質化」への道…..文在寅が大統領に選出されれば…「職権乱用」をも続ける…..!

発信時間 : 2017年02月24日10時32分          金曜日 韓国社会「北朝鮮体質」への道に一直線 朴正煕政権下に戻った検察の職権乱用  韓国の朴槿恵政権は、完全なレームダック(死に体)状態にある。  そのなかで、検察権力は一夜にして「体制の番犬」から「公憤集団の走狗」に変わった。 公憤集団を操るのは「ともに民主党」(以下、民主党)の旧盧武鉉(ノ・ムヒョン)系の実力者たちであり、そのトップが次期大統領候補ナンバーワンの文在寅(ムン・ジェイン)前代表だ。 となれば、今日の状況は、文政権のためのウオーミングアップと見ることができる。そこで何が行われているのか。  政権が文化人のブラックリストを作成したとの“疑惑”では、元大統領秘書室長と現職の閣僚が職権乱用罪で逮捕された(=閣僚は逮捕後に辞任)。一国の政権がブラックリストを作成するのは、政権を批判している文化人に政府広報誌の執筆を依頼したくないし、政府後援イベントにも招きたくないからだ。 いわば「当たり前の自己防衛策」の範疇(はんちゅう)に入るだろう。  盧政権は、いわば“文化人のレッドリスト”を作成し、「赤い文化人」を高級公務員に抜擢(ばってき)し、さまざまな優遇措置を講じていた。 当時、「盧武鉉のコード人事」と呼ばれた。コード(波長)が合う「赤い文化人」を優遇するためのリストだ。  ブラックリストも“レッドリスト”も本質は変わらない。むしろ“レッドリスト”は特定少数に利益を与えたが、ブラックリストによる不利益者が出たわけではない。  これで逮捕・拘留するとは、「検察の職権乱用」であり、許可した裁判所の「公憤におもねる姿勢」の表れだ。 サムスン財閥の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長(=特別検察官が17日、贈賄や横領、偽証の容疑で逮捕した)に対する1月12日の取り調べは、「午前9時半ごろから22時間に及ぶ長時間の聴取」だったと、聯合ニュース(17年1月13日)は伝えている。  「22時間に及ぶ長時間の聴取」に対して、「人権問題」との批判世論が起きないのは、サムスン財閥が悪辣(あくらつ)なことを散々してきたからだろう。とはいえ、文政権のためのウオーミングアップ過程で、朴正煕(パク・チョンヒ)政権下での北スパイ容疑者に対する取り調べ方式が復活したとは言えまいか。  文政権が正式にスタートすれば、検察は「体制の番犬」の立場になり、政権が煽り醸成する「社会的公憤」を背景に、保守政治家、財閥総帥を標的にして、「職権乱用」を続けるのだろう。  もちろん、「反日教」の教義に反するような言動をしている人物に対しても、同様だろう。  それは、とりもなおさず「韓国社会の北朝鮮的体質化」への道だ。体制内の「悪」を庇護することにより、左翼政権への道をつくった朴大統領の罪は極めて重い。….. ( ...
金漢率暗殺の恐れの中国当局の警備も強化されたが

「北朝鮮が核攻撃の能力を持った途端、金正恩は死ぬことになる !!!」

発信時間 : 2017年02月22日16時24分          水曜日 正男氏暗殺で新展開…正恩氏戦慄、日米中包囲網 疑心暗鬼を高めた「首脳会談」 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害された事件を受け、「朝鮮半島有事」が現実味を帯びてきた。「北の暴君」正恩氏は核・ミサイル開発も加えて、米国と中国を敵に回したのだ。事件をめぐり、マレーシアと北朝鮮も外交紛争に発展しつつある。 日米首脳会談以降、安倍晋三首相とドナルド・トランプ大統領は半島有事も見据えて連携を強めている。焦りまくる韓国の変化とは。ジャーナリストの山口敬之氏による核心リポート。  北朝鮮は、米国との直接対話を悲願とし、「正恩氏と会っても構わない」と発言したトランプ氏の就任以降、核実験やミサイル発射などの挑発行為を控えていた。  しかし、日米首脳会談(米国時間10日、日本時間11日)後に発表された共同声明に、《北朝鮮に対し、核および弾道ミサイル計画を放棄し、さらなる挑発行動をしないよう強く求める》《日米両国は、北朝鮮に関する国連安全保障理事会決議の厳格な履行にコミットしている》と明記されると、翌11日(同12日)、弾道ミサイル発射という形で反応した。 そして、マレーシアで13日、正男氏が白昼堂々,暗殺された。世界に衝撃が走った。  マレーシア警察の捜査で、犯行グループと北朝鮮の関係が次々に明らかになっている。すべてをうのみにはできないが、中国と深い関係を持つマレーシア当局の発信を追う限り、中国が「暗殺は北朝鮮主導で実行された」と見ており、北朝鮮に強い不快感を持っていることは明白だ。 日本政府関係者は、北朝鮮の一連の動きについて、最近の米中首脳電話会談(9日)と、日米首脳会談に深い関係があると分析している。  トランプ氏と、中国の習近平国家主席との電話会談は長時間に及んだが、台湾問題をめぐる短いコメントが発表されただけで、詳しい内容は明らかにされていない。  安倍首相とトランプ氏の対話も、国際情勢をめぐるやり取りの詳細は一切公表されなかった。  だが、先週の本連載(14日発行『安倍トランプ極秘交渉』)でスクープしたように、両首脳はフロリダ州パームビーチで2人きりとなった車中で、北朝鮮問題についても相当突っ込んだ意見交換を行っていた。  北朝鮮が今回、暗殺事件を指揮したのであれば、ミサイル発射と合わせて、米国と中国に対する明確な意思表示である。正恩氏が、米中両国を敵に回してまで大きな決断をしたのはなぜか。  重要なヒントを与える情報が昨年10月、米ワシントン発の小さな記事に潜んでいた。大統領選終盤の同月12日、国務省のラッセル国務次官補が記者団に以下のように語ったのだ。  「北朝鮮が核攻撃の能力を持った途端、金正恩は死ぬことになる ...
北朝鮮の「 馬鹿カン」駐マレーシア大使 :『殺されたの男性は金正男じゃないわ !』....(*´◡`*) !

北朝鮮の「 馬鹿カン」駐マレーシア大使 :『殺されたの男性は金正男じゃないわ !』….(*´◡`*) !

発信時間 : 2017年02月21日09時54分          火曜日 「我が国がほかの国と結託しているなどと示唆することは非常に侮辱的だ ...
世界最強の軍事力.....米軍 !!!

もう限界だ !!! 米軍の「大悪魔金正恩 」 への『斬首作戦』…..正恩氏を排除できる, 早ければ1週間程度で、終了 ! いいね !!!

発信時間 : 2017年02月17日14時40分          金曜日 米軍、金正恩氏「7日で排除」, 3月にも世界最強の軍事力行使か、韓国紙は日本配備のステルス戦闘機に言及  北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアで殺害された事件は、国際社会が注目している。 「毒劇物による暗殺」の可能性が高まるなか、ドイツ・ボンで16日に開催の日米韓外相会談でも、事件や北朝鮮の核・ミサイル問題は議題となった。 ドナルド・トランプ米大統領は、北朝鮮への対抗姿勢を強めており、3月にも世界最強の軍事力を行使する可能性がある。北朝鮮は16日、故金正日(キム・ジョンイル)総書記の生誕記念日「光明星節」を迎えたが、専門家は正恩氏排除までの期間を「早ければ7日」と断言した。  日米韓外相会談は、ボンでのG20(20カ国・地域)外相会合に合わせて調整されている。岸田文雄外相と、レックス・ティラーソン米国務長官、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相が出席する予定だ。  会談では、日米韓が連携して、アジアの平和と安定を壊しかねない北朝鮮への制裁措置の実効性確保を図るとともに、中国に対して北朝鮮への圧力を強めるよう働きかける方針を確認する見通しだ。 当然、正男氏の暗殺事件についても意見交換するとみられる。  注目の事件だが、マレーシアの国営ベルナマ通信は16日、同国の警察が2人目の女を逮捕したと報じた。地元メディアは、女2人のほかに、男4人が犯行を手助けした疑いがあり、警察が行方を追っていると報じた。  韓国・朝鮮日報は16日、「(正男氏の遺体の)口元に泡がついており、典型的な毒殺時の現象だ」という政府当局者の証言を伝えた。 事件への関与が注目される正恩氏は75周年の「光明星節」という16日、父の正日氏と、祖父の故金日成(キム・イルソン)主席の遺体が安置されている平壌の錦繍山太陽宮殿を訪問した。  今後、犯行が「北朝鮮の仕業」「正恩氏の指示」と断定されれば、日米首脳会談に合わせた11日の弾道ミサイル発射を受けて「非常に強い態度で対応する」と怒りをあらわにしたトランプ氏を、激高させそうだ。  トランプ氏の本音について、13日に帰国した安倍晋三首相はNHKのニュースに出演し、「オバマ政権は軍事力の行使には非常に慎重だった。今のトランプ政権では、もう一度見直し、あらゆる選択肢をテーブルの上にのせながら、外交的に解決していきたいと考えていると思う」と語った。  「 ...
「偉大なる指導者 」金正恩つぎ 狙うの対象は....金正男の金正男の長男金漢率....(。-_-。) !

お互いの殺し合うの「 金王朝」家族達, 金正男を暗殺あと….金正恩つぎ狙うの対象は….金正男の長男金漢率 !

発信時間 : 2017年02月15日10時58分          水曜日 金正男氏、2人の女が毒針で暗殺か  北朝鮮の金正恩委員長の異母兄弟にあたる金正男氏がマレーシアの空港で殺害されたと韓国メディアが報じた。2人の女が毒針で暗殺したと報じられている。  韓国メディアによると、正男氏は13日午前、クアラルンプール空港からマカオに向け出発しようとしていたが、出国審査を受ける前に2人の女に毒針で刺されたという。 2人の女はその後、タクシーに乗って逃走したという。正男氏は気分が悪くなり救護を求め、病院に救急搬送されたが、その途中で死亡が確認された。 韓国メディアは2人の女が北朝鮮のスパイとみられると報じている。 一方、マレーシアの現地メディアは警察の話として、正男氏は顔に何らかの液体をかけられたと伝えており、情報は錯そうしている。 正男氏は故・金正日総書記の長男。北朝鮮の現在の最高指導者で三男の金正恩委員長とは、母親の違う兄にあたる。正恩氏が金正日総書記の後継者となる前までは後継者と目されていた時期もあった。  病院では15日に検視が行われ、詳しい死因を調べることになっており、その後、警察が記者会見を開く予定。 なぜ? 金正男氏“マレーシアで殺害”報道  韓国の複数のメディアは、北朝鮮・金正恩委員長の異母兄・金正男氏が殺害されたと報じた。正男氏に何があったのか。韓国・ソウル支局の藤田支局長の報告。  正男氏の可能性がある遺体はマレーシア・クアラルンプール市内の病院にあるとみられる。 また、ロイター通信によると、マレーシアの警察は「金委員長の兄である正男氏はクアラルンプールからマカオに移動する途中だった」 ...
最悪の場合.....核爆弾 !

金正恩「偉大なる指導者 」 ! 頑張れ ! 金正恩…万歳 ! 万歳 ! 万万歳 !

発信時間 : 2017年02月12日12時38分          日曜日 米識者「中国は韓国を地図から消そうとした国」 米ブルッキングス研究所と韓国国家戦略研究院が非公開の討論会 ...
© 2017 Sakura Jade House. All rights reserved