俳優 B : 『どけっ ! どけっ ! そのボタンを押してみましょう !!!』

ハリウッド映画よりももっと興味がある, 面白すぎるの茶番劇 ! 闭幕式 ! 终了 ! いひひひ !

発信時間 : 2017年08月16日14時48分          水曜日 北朝鮮・金正恩氏「米国の行動見守る」 グアムへの弾道ミサイル発射を示唆する金正恩委員長の動静が、2週間ぶりに伝えられた。正恩氏は、「アメリカの行動をもう少し見守る」と述べて、直ちにミサイルの発射には踏み切らない可能性に言及している。 朝鮮中央テレビは、「敬愛する最高指導者・金正恩同志が、朝鮮人民軍戦略軍司令部を視察しました」と伝えた。 史上最高の俳優…ごふたり ...
現在….もう ひとつ新たな追加の方法....“強制労働”の賠償金を求める = 追加の国民所得 ! アララ !!! 北朝鮮と同じ乞食ようなの性格….. ! 世界経済の強い国そのひとつの「大韓民国」….恥ずかしや !!!!!!
右手につるはしを持つ労働者を象徴する像

より良い日韓関係を育む ? どうやって ??? さっぱり わからん !!! ワハハハ !

発信時間 : 2017年08月14日14時14分          月曜日 戦時中の“強制労働“ = 戦後補償問題で三菱重工に賠償命令 戦後補償の問題で、韓国の裁判所が11日、三菱重工に4,700万円の賠償を命じる判決を言い渡した。 ...
黙祷....『哀悼の意を示します。勇敢な姿を忘れません....』

市民たち, 黙祷….『哀悼の意を示します。勇敢な姿を忘れません….!』….いひひひ !

発信時間 : 2017年08月03日19時44分          木曜日 中国のAI、共産党を「無能」と批判 AI(人工知能)が、ネットのオンライン上で、中国共産党を「無能」などと批判したため、中国の国内で騒ぎとなり、サービスが急きょ停止された。 中国共産党を批判したのは、中国のインターネットサービス大手「騰訊」が提供するAIの対話プログラムで….. 利用者の「共産党万歳」との書き込みに対し、「腐敗して無能な政治に万歳できるものか」と反論したり….. 「あなたにとって中国の夢は何か」との問いかけに….. 「アメリカへの移住」と答えたという。 会社側は、急きょサービスを停止したが、ネット上ではこのAIについて、「哀悼の意を示します。勇敢な姿を忘れません」などとした声が上がっている。 —終わり—
中朝国境周辺に集中しておりの闇市

「進むも地獄、退くも破滅」, どうしようもないの共産中国……(*´◡`*) !

発信時間 : 2017年08月02日13時50分          水曜日 米の圧力強まる中…中国の対北制裁で想定される「3つのカード」 北朝鮮による2度目のICBM発射を受けて….. 米国から中国への圧力が一段と強まる中、中国の「次の一手」が注目されている。  ヘイリー米国連大使は7月30日、「中国は最終的に重要な措置を取りたいのか決断すべきだ。話し合いの時間は終わった」との声明を発表…… 北朝鮮への大幅な制裁強化に同意するよう中国に迫った。エストニアを訪問中のペンス米副大統領も同日、「中国はもっと行動すべきだ」と述べた。  一方、中国共産党大会を秋に控え、権力闘争の真っただ中にある習近平国家主席にとって、いま必要なのは国内外の安定。 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)政権を刺激したくないのが本音だ。  中国としても、最も効果的な対北制裁は北朝鮮が90%以上を中国に頼る原油・石油製品の禁輸措置であることは分かっている。 だが、それだけに北朝鮮が報復措置を取ってくるのは確実で、「安定重視」の習政権には認められない。最大のカードを保持しておきたいとの思惑もある。  中国の制裁措置として想定されているのは、(1)人道目的で継続している鉄鉱石の輸入を石炭同様、全面的に禁止する (2)約1万9千人ともいわれる中国国内の北朝鮮労働者の滞在許可を一部取り消すなど管理を強化する (3)北朝鮮の核・ミサイル開発を支援する中国企業を摘発する-などだ。 このうち(1)と(2)は北朝鮮の外貨獲得源に直接ダメージを与えるもので北朝鮮の強い反発は避けられない。実施するとしても非公式に行いたいところだろう。  (3)については、北朝鮮と取引のある中国企業は中朝国境周辺に集中しており、取り締まりを強化すれば地域経済へ悪影響を及ぼす可能性がある。 また中国は、国連の制裁対象に指定された北朝鮮の個人・企業と取引のある中国企業はもう存在しない-との立場だ。  そもそも中国は、国連安全保障理事会の枠組み外の独自制裁は認めないと主張してきている。国連の枠組み内であれば、常任理事国である中国も制裁内容に影響力を行使できるからだ。  このため、従来の立場を捨てて独自制裁に踏み切ることは中国としてメンツが立たない上、それだけ北朝鮮の反発も大きくなる可能性が高い。   (ニューヨーク 上塚真由、ワシントン 黒瀬悦成、北京 藤本欣也) —終わり—
豚将軍 :『対話 ? ワハハハ
 !!! いずれも.... 実に面白い ! 』

北朝鮮「ICBM2回目の発射実験に成功」…..御目出度うございます !!! 「偉大なる指導者」…..頑張れ ! (^_^)〜♪

発信時間 : 2017年08月01日19時04分          火曜日 —終わり—
核・ミサイル開発

北朝鮮金正恩党委員長の命….もうすぐも終わりぞ ! めでたい めでたい !

発信時間 : 2017年07月27日20時12分          木曜日 北朝鮮軍で反金正恩の「クーデター謀議」か……首都防衛の師団長ら  超大国アメリカを向こうに回し、核兵器・弾道ミサイル開発の暴走を続ける北朝鮮の金正恩党委員長。 強力な経済制裁下に置かれた国民からは怨嗟の声が上がっているとも伝えられるが、情け容赦ない恐怖政治に支えられた彼の権力基盤は、今のところ揺るぎないように見える。  しかし一部では、そうした見方を覆す情報も出ている。ごく最近、北朝鮮の軍内部でクーデターが謀議されていたというのだ。 過去にも、似たような事件が起きたことはある。1995年、朝鮮人民軍の少将がクーデターにより金正日政権を打倒しようとしたが、決行前に発覚。 少なくとも幹部40数人が処刑され、すべての家族が収容所送りになった「6軍団事件」だ。ほかにも、旧ソ連留学組の数百人が粛清された事件も起きている。 また同じ時代にはクーデターとは異なるが、圧政に非難の声を上げた労働者たちが、ことごとく戦車にひき殺された出来事もあった。 北朝鮮の人々は決して、体制に従うばかりのロボットではないのだ。  それでも、金正恩時代になりクーデター未遂の情報が出たのは初めてだ。核・ミサイル開発の進展を受け、関係国にかつてなく「北朝鮮の体制崩壊」を期待する雰囲気が強い時期だけに、気になる話と言える。  クーデター未遂の情報を紹介しているのは韓国のNGO、北韓情報サービスセンターの代表で、有力シンクタンクである世宗研究所の客員研究委員も務めるイ・ユンゴル氏だ。自身も脱北者であるイ氏は、北朝鮮中枢の人事動向に関する情報通として知られる。 イ氏によれば、ことが発覚したのは今年1月ごろ、首都・平壌の海の玄関口である平安南道(ピョンアンナムド)南浦(ナンポ)に駐屯し、首都防衛の重責を担っている第3軍団でのことだ。仮にこの部隊が決起すれば、一気に平壌が陥落することもありうる。  首謀者は、師団長を勤めていた50代のカン少将。北朝鮮の陸軍士官学校である姜健(カンゴン)総合軍官学校の出身で、在学中には同期の代表である大隊長を務め、卒業後も同期のリーダー格として一目置かれてきた。  謀議に参加したのは全部で17人。うち8人が第3軍団所属で、師団長、副師団長、師団参謀長、連隊長たちだった。  カン少将は7~8年前から、私的な集まりを持っていたという。当初から反体制が目的とされていたかは不明だが、金正恩氏が最高指導者の座についたころから、徐々に反体制的な色合いを帯びるようになったもようだという。彼らは今年の1月にことを起こそうと計画を練っていた。ところが、内部から密告者が出た。  一連の過程が組織指導部の軍事担当部署の知るところとなったのだ。金正恩氏と党組織は驚愕しつつも、外部に情報が漏れたら一大事になるとして、迅速かつ慎重にクーデター派の除去作戦が進められた。   金正恩氏は悩んだ末に、作戦の指揮を、検閲(監査)で不正や越権行為が指摘され、秘密警察トップである国家保衛相から解任されていた金元弘(キム・ウォノン)氏に任せることに決めたという。 同氏が軍総政治局組織副局長などを歴任し、第3軍団の内部事情にも通じていたからだ。  金元弘氏はこれを失地回復の絶好の機会ととらえたようだ。軍の反体制取り締まり部隊である機動打撃隊と、護衛司令部の親衛隊である974部隊の人員を与えられ、1月中旬から下旬にかけてクーデター派を一網打尽にした。 同氏はこの功を認められ、高官の地位に止まることができたようだという。  摘発されたクーデター派がどのような処罰を受けたかは詳らかでないが、ほかの軍高官が粛清された前例を踏まえれば、極刑を免れないのは確かだろう。 ちなみに第3軍団は、処刑された金正恩氏の叔父・張成沢(チャン・ソンテク)氏の実兄である張成禹(チャン・ソンウ)氏が1996年から軍団長の座にあった。 そのため、「張成沢の勢力と近い部隊」と見られてきた経緯があり、今回の事件との関わりについて精査する必要がありそうだと、イ氏は述べている。 —終わり—
めでたい ! めでたい ! やっと....「解放」された !

暁波氏の兄・劉暁光氏….自分の弟を裏切った !!!

発信時間 : 2017年07月17日13時16分          月曜日 劉暁波氏の遺骨 海に ノーベル平和賞受賞者で….. 13日に死去した中国の民主活動家・劉暁波氏について….. 実の兄が15日、会見し、遺骨を海にまいたことを明らかにした。 劉暁波氏の兄・暁光氏は「私が親族と一緒に、海葬申請書にサインした。サインは本物で、心から書いた」と話した。 暁波氏の兄・劉暁光氏は、遼寧省で政府当局者同席のもと会見し….. 暁波氏の遺体は、15日午前に火葬され、遺骨は海にまいたと述べた。 遺骨の扱いをめぐり、中国当局は「地元の習慣にのっとった」と発表しているが….. 暁波氏の墓を作れば、民主化要求運動の拠点になりかねないと警戒した可能性もある。 ...
やったぞ !!! おめでとうございます !!!

やったぞ !!! おめでとうございます !!! 世界遺産登録….日本側が登録を目指していた8つの資産全て !

発信時間 : 2017年07月09日19時52分          日曜日 「沖ノ島」の世界遺産登録が決定 ユネスコの世界遺産委員会は日本時間9日午後6時前、福岡県の「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」を世界遺産に登録することを、ポーランドで開催中の委員会で決定した。 登録が決まったのは、玄界灘に浮かぶ沖ノ島のほか、宗像大社の「辺津宮」や….. 福津市の「新原・奴山古墳群」など、日本側が登録を目指していた8つの資産全て ...
平和とは最もかけ離れた国

平昌五輪…..偉大なる指導者 :『いいね ! 今回はきっともっと多くの人質を捕獲するだと思うね ! 』

発信時間 : 2017年06月28日11時26分          水曜日 平昌五輪“南北合同チーム構想”の非常識  関係者あきれ「選手たまったものではない」 「世界平和」という人類の願いを込めた祭典である五輪を、平和とは最もかけ離れた国でやるという発想には、びっくり仰天だ。  韓国の文在寅大統領が24日、同国の茂朱で開幕した世界テコンドー選手権の開会式の演説で….. 来年2月に迫った平昌冬季五輪での北朝鮮との南北合同チーム結成と、南北合同入場行進構想をぶちあげた。 唐突で、どこまで本気なのか首をひねらされるが、文大統領は「初めて南北単一チームを結成し最高の成績を収めた1991年世界卓球選手権と、世界青少年サッカー大会の栄光を平昌五輪でもう一度見たい」。  それはわからなくもないが、時期が悪すぎる。国際社会の抗議を無視するようなミサイル発射実験を繰り返す北朝鮮に対し、国連安保理の制裁決議がいたちごっこのように繰り返されている。  米国では不当に北朝鮮に拘束されている間に昏睡状態に陥った大学生が解放され、帰国後に死亡した。….. トランプ政権の対北政策がさらに硬化しそうな情勢だ。 合同チーム結成が取り沙汰されているのは女子アイスホッケーだが、既に韓国チームは何度も合宿を繰り返し23人のメンバーもほぼ固まっているという。  そこで合同チームともなれば、半分は全く気心が知れない北の選手が入ることになり、チームは空中分解しかねない。 「平昌開催が正式に決まった2011年から出ている話ならともかく、本番まで半年ちょっと。合同チームをあまりにも簡単に考えすぎている感じで、選手はたまったものではない」と関係者はあきれている。 また、スキー競技の一部は北朝鮮の馬息嶺スキー場で行う計画もあるとか。そんなことをしたら世界から観光客が集まり、北朝鮮にとって貴重な外貨収入につながり、制裁が骨抜きになる。  いくら何でも、国際オリンピック委員会(IOC)が“待った”をかけると思いきや…。「五輪ムーブメントは橋をかけるためにあり、壁を築くものではない」として….. 「そのアイデアを喜んで議論する」ときた。韓国新政権といい、IOCといい、国際社会との大きなズレが心配になる。…..(作家・神谷光男) —終わり—
心理的な病棟から解放されてすぐにも韓国の大統領になったの文在寅

♪♪♪ かたい絆に 思いをよせて♪♪♪, 北朝鮮や日本, 韓国, 中国との共同開催2018年の平昌冬季五輪……拍手 ! 拍手 ! (^_^)〜♪

発信時間 : 2017年06月23日09時22分          金曜日 文政権また“妄想” ! さすが….バカにつける薬は無い! 平昌五輪の南北共同開催を検討、国際社会の反発必至 「従北・左派」の韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が今度は、来年の五輪で妄想を膨らませ始めた。2018年の平昌(ピョンチャン)冬季五輪をめぐり、都鍾煥(ト・ジョンファン)文化体育観光相が….. 北朝鮮東部にある馬息嶺(マシクリョン)スキー場の活用を検討していることを明らかにしたのだ。同スキー場の使用が決まれば、事実上の南北共同開催となるが、北朝鮮への圧力を強める米国など国際社会の反発は必至だ。 韓国の聯合ニュースによると、都氏は20日に平昌五輪の建設現場を訪問。 五輪の構想を語った中で、馬息嶺スキー場の活用や北朝鮮応援団の韓国訪問などを検討していると表明した。  狂気の独裁者、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長率いる北朝鮮は今年だけで10回にわたってミサイルを発射し、6回目の核実験を準備しているともされる。 北朝鮮の相次ぐ威嚇行為に対し、国際社会は経済制裁を強めている。 こうした中で事実上の南北での五輪共同開催となれば、韓国を通じて北朝鮮に外貨が流れ込んで、核・ミサイル開発の資金源になる恐れもある。  文大統領は、国際サッカー連盟(FIFA)のインファンティノ会長と会談し….. 北朝鮮や日本、中国とのワールドカップ(W杯)共催についても持ち出した。 文政権はどこまで理性を失っているのか。 —終わり—
© 2017 Sakura Jade House. All rights reserved